グラインドボーン音楽祭 〓 2019年のスケジュールを発表

2018/09/27

英国グラインドボーン音楽祭の、2019年のスケジュールが発表された。それによると、上演されるオペラは5作品で、さらにベルリオーズ《ファウストの劫罰》が上演される。新作はマスネ《サンドリヨン》とモーツァルト《魔笛》。ラインナップは以下の通り。

ベルリオーズ《ファウストの劫罰》新作
5月18日–7月10日
指揮:ロビン・ティチアーティ
演出:リチャード・ジョーンズ
オーケストラ:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
出演:アラン・クレイトン = ファウスト / ジュリー・ブーリアンヌ = マルガリータ / クリストファー・パーヴス = メフィストフェレス


ロッシーニ《セビリアの理髪師》再演
5月19日–7月14日
指揮:ラファエル・パヤーレ
演出:アナベル・アーデン
オーケストラ:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
出演:アンドレイ・ジリホフスキー = フィガロ / レヴィ・セクガペイン = アルマヴィーヴァ伯爵 / パク・イェサン = ロジーナ / アレッサンドロ・コルベッリ = バルトロ / アダム・パルカ = バジリオ


マスネ《サンドリヨン》新作
6月8日–8月2日
指揮:ジョン・ウィルソン
演出:フィオナ・ショウ
オーケストラ:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
出演:ダニエル・ドゥ・ニース = サンドリヨン / ケイト・リンジー = シャルマン王子 / ニーナ・ミナシヤン = 名付け親の妖精 / リオネル・ロート = パンドルフ


ドボルザーク《ルサルカ》再演
6月29日–8月21日
指揮:ロビン・ティチアーティ
演出:メリー・スティル
オーケストラ:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
出演:サリー・マシューズ = ルサルカ / アレクサンドル・ロスラヴェッツ = 王子 / パトリシア・バードン = 王女


モーツァルト《魔笛》新作
7月18日–8月24日
指揮:アントネッロ・マナコルダ
演出:ルノー・ドゥーセ / アンドレ・バーベ
エイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団
出演:デヴィッド・ポルティロ = タミーノ / ソフィア・フォミナ = パミーナ / ブリンドリー・シェラット = ザラストロ / キャロライン・ウェッターグリーン = 夜の女王 / ビヨルン・ビュルガー = パパゲーノ


ヘンデル《リナルド》再演
8月8日–8月25日
指揮:マクシム・エメリャニチェフ
演出:ロバート・カーセン
エイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団
出演:エリザベス・デション = リナルド / エイブリー・アムロウ = ゴッフレード / ジューリア・セメンツァート = アルミレーナ / ブランドン・セデル = アルガンテ / ヤクブ・ヨゼフ・オルリンスキ = エウスターツィオ / クリスティーナ・ムヒタリャン = アルミーダ


写真:Glyndebourne Festival Opera / Sam Stephenson


    音楽祭情報はこちら ▷

    音楽祭のサイトへ ▷


関連記事

  1. エクス=アン=プロヴァンス音楽祭 〓 2019年のプログラムを早くも発表

  2. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  3. ドレスデン音楽祭 〓 第16回の音楽祭賞はヴァイオリンのジョシュア・ベルに

  4. 訃報 〓 ジョージ・ナイクルグ, 米国のチェロ奏者

  5. プラハ発 〓 ドミンゴ主宰の「オペラリア2019」が閉幕

  6. ロンドン発 〓 テノールのキム・ベグリーがオペラからの引退を発表

  7. ミルウォーキー発 〓 ミルウォーキー交響楽団の音楽監督に謙=デイヴィッド・マズア

  8. ヌスドルフ発 〓 作曲家ワーグナーの最後の孫が死去

  9. ハレ発 〓 ドイツ映画音楽賞の国際賞にレイチェル・ポートマン

  10. グラーツ発 〓 オクサーナ・リーニフが劇場との契約を延長せず

  11. ベルリン発 〓 ドイツ・オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  12. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居を博物館に

  13. ロンドン発 〓 エサ=ペッカ・サロネンがフィルハーモニア管を退任、2021年で

  14. METサマーHDフェスティバル 〓 この夏のラインナップを発表

  15. ルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン発 〓 ラインラント=プファルツ州立フィルが次期首席指揮者にマイケル・フランシス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。