グラインドボーン音楽祭 〓 2019年のスケジュールを発表

2018/09/27

英国グラインドボーン音楽祭の、2019年のスケジュールが発表された。それによると、上演されるオペラは5作品で、さらにベルリオーズ《ファウストの劫罰》が上演される。新作はマスネ《サンドリヨン》とモーツァルト《魔笛》。ラインナップは以下の通り。

ベルリオーズ《ファウストの劫罰》新作
5月18日–7月10日
指揮:ロビン・ティチアーティ
演出:リチャード・ジョーンズ
オーケストラ:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
出演:アラン・クレイトン = ファウスト / ジュリー・ブーリアンヌ = マルガリータ / クリストファー・パーヴス = メフィストフェレス


ロッシーニ《セビリアの理髪師》再演
5月19日–7月14日
指揮:ラファエル・パヤーレ
演出:アナベル・アーデン
オーケストラ:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
出演:アンドレイ・ジリホフスキー = フィガロ / レヴィ・セクガペイン = アルマヴィーヴァ伯爵 / パク・イェサン = ロジーナ / アレッサンドロ・コルベッリ = バルトロ / アダム・パルカ = バジリオ


マスネ《サンドリヨン》新作
6月8日–8月2日
指揮:ジョン・ウィルソン
演出:フィオナ・ショウ
オーケストラ:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
出演:ダニエル・ドゥ・ニース = サンドリヨン / ケイト・リンジー = シャルマン王子 / ニーナ・ミナシヤン = 名付け親の妖精 / リオネル・ロート = パンドルフ


ドボルザーク《ルサルカ》再演
6月29日–8月21日
指揮:ロビン・ティチアーティ
演出:メリー・スティル
オーケストラ:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
出演:サリー・マシューズ = ルサルカ / アレクサンドル・ロスラヴェッツ = 王子 / パトリシア・バードン = 王女


モーツァルト《魔笛》新作
7月18日–8月24日
指揮:アントネッロ・マナコルダ
演出:ルノー・ドゥーセ / アンドレ・バーベ
エイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団
出演:デヴィッド・ポルティロ = タミーノ / ソフィア・フォミナ = パミーナ / ブリンドリー・シェラット = ザラストロ / キャロライン・ウェッターグリーン = 夜の女王 / ビヨルン・ビュルガー = パパゲーノ


ヘンデル《リナルド》再演
8月8日–8月25日
指揮:マクシム・エメリャニチェフ
演出:ロバート・カーセン
エイジ・オブ・インライトゥメント管弦楽団
出演:エリザベス・デション = リナルド / エイブリー・アムロウ = ゴッフレード / ジューリア・セメンツァート = アルミレーナ / ブランドン・セデル = アルガンテ / ヤクブ・ヨゼフ・オルリンスキ = エウスターツィオ / クリスティーナ・ムヒタリャン = アルミーダ


写真:Glyndebourne Festival Opera / Sam Stephenson


    音楽祭情報はこちら ▷

    音楽祭のサイトへ ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 フィルハーモニア管の次期首席指揮者にサントゥ=マティアス・ロウヴァリ

  2. ロンドン発 〓 クラリネットのアンドリュー・マリナーが引退

  3. ラ・フォル・ジュルネTOKYO 〓 今年のテーマは「ボヤージュ – 旅から生まれた音楽」

  4. フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  5. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴのセクハラ疑惑に対応二分

  6. ザルツブルク音楽祭 〓 話題作《サロメ》を29日未明にストリーミング配信

  7. オールドバラ音楽祭 〓 2019年のプログラムを発表

  8. ガーシントン・オペラ 〓 2019年夏のラインナップを発表

  9. トロント発 〓 ピエチョンカが王立音楽院の声楽部門トップに

  10. ローマ発 〓 ダニエレ・ガッティがローマ歌劇場の《リゴレット》を指揮

  11. 訃報 〓 イェルク・デームス, オーストリアのピアニスト

  12. ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 2018年の音楽祭が終了、来年のテーマは「月光」

  13. アムステルダム発 〓 ミヒャエル・ザンデルリングが代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管にデビュー

  14. アントワープ発 〓 フランダース・オペラの音楽監督にアレホ・ペレス

  15. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団がセクハラ疑惑を報じられた首席指揮者のダニエル・ガッティを解任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。