訃報 〓 ジェームズ・ロッホラン(92)英国の指揮者

2024/06/24

英国の指揮者ジェームズ・ロッホラン(James Loughran)が亡くなった。92歳だった。英国のハレ管弦楽団、ドイツのバンベルク交響楽団、デンマークのオーフス交響楽団の首席指揮者を歴任。1980年から日本フィルハーモニー交響楽団の常任客演指揮者を務め、2006年には名誉指揮者に任命されている。

グラスゴー生まれで、地元のセント・アロイシウス・カレッジで法律と経済を専攻。並行して指揮法も習得し、1961年にオットー・クレンペラー、カルロ・マリア・ジュリーニ、エイドリアン・ボールトらが審査員を務めたフィルハーモニア管弦楽団主催の指揮者コンクールで優勝、ボーンマス交響楽団の准指揮者となって本格的なキャリアをスタートさせた。

1965年にBBCスコティッシュ交響楽団の首席指揮者に就任。その後、急逝したジョン・バルビローリの後任としてマンチェスターを本拠地とするハレ管の首席指揮者に招かれ、1983年まで世界各地で公演を重ねた。また、1979年にはバンベルク響の首席指揮者に英国人として初めて就任した(ー1983)。

1977年から1985年にかけて、ロンドンの夏の音楽祭「BBCプロムス」のラスト・ナイトを5回指揮。1980年からは日本フィルハーモニー交響楽団の常任客演指揮者を務め、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、スコットランド室内管弦楽団を率いて日本ツアーも行っており、来日を重ねた。

また、1987年から1990年までBBCウェールズ・ナショナル管弦楽団の首席客演指揮者を務めた。1996年から2003年まではオーフス響の首席指揮者。その後はエディンバラ・ユース・オーケストラ総裁を務めるなど、地元スコットランドで後進の指導に当たっていた。2010年の新年の叙勲で、大英帝国勲章コマンダー(CBE)に叙されている。

写真:National Portrait Gallery / Sefton Samuels


関連記事

  1. 訃報 〓 ファニー・ウォーターマン(100)英国のピアニスト、リーズ国際ピアノ・コンクールの創設者

  2. カーディフ発 〓 指揮者のトーマス・ハヌスがウェールズ・ナショナル・オペラとの契約を延長

  3. 訃報 〓 ウェルナー・ヒンク(81)ヴァイオリニスト / ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の元コンサートマスター

  4. サリー発 〓 英国のグランジ・パーク・オペラが音楽祭の開催を断念、夏の音楽祭で初

  5. ロンドン発 〓 オペラ・ホーランド・パークが2022年の公演ラインナップを発表

  6. グラインドボーン発 〓 2022年の音楽祭の上演オペラのラインナップを発表

  7. プレストン発 〓 ドイツの高級車メーカー「ポルシェ」の支援受け、新しいオーケストラが誕生

  8. エディンバラ発 〓 国際フェスティバルが2024年の公演ラインナップを発表

  9. ウォームズリー発 〓 英国の夏のオペラ・フェスティバル、ガーシントン・オペラが2024年夏の公演ラインナップを発表

  10. チェルトナム発 〓 今年のフェスティバルの開催中止を発表

  11. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」のノミネート録音を発表、10日から投票始まる

  12. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  13. 訃報 〓 グレース・バンブリー(86)米国のメゾ・ソプラノ歌手

  14. ロンドン発 〓 英国がイングランド全域で厳しいロックダウンを再導入

  15. グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の音楽祭は予定通りの開催めざす

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。