グシュタード発 〓 ダニエル・ホープがメニューイン・フェスティバルの芸術監督に

2024/06/25

スイス・グシュタードで行われているメニューイン・フェスティバル(Menuhin Festival Gstaad)がヴァイオリニストのダニエル・ホープ(Daniel Hope)の芸術監督就任を発表した。ヴァイオリニストで音楽祭創設者のユーディ・メニューイン(1916-1999)の没後、24年間その任にあったクリストフ・ミュラーの後任で、任期は2025年11月1日から。

ホープは南アフリカ・ダーバン生まれの50歳。父は小説家のクリストファー・ホープで、生まれて間もない頃に一家でパリに移住。続いてロンドンに移り、母エレノアはユーディ・メニューインの秘書となり、その後はマネージャーを務めた。そのため、幼い頃はメニューインの薫陶を受け、彼の孫たちと遊んだ仲。

その後、シーラ・ネルソンに師事。ロンドンの王立音楽大学、王立音楽院を経て、1992年から1998年にかけては名伯楽として知られるザハール・ブロンの指導を受けた。 1999年からレコーディング活動を開始、2002年からは米国の名門ボザール・トリオの最年少メンバーとなったが、トリオを解散で2008年8月に最後のコンサートを行っている。

2016年にチューリッヒ室内管弦楽団、2018年にはサンフランシスコの新世紀室内管弦楽団の音楽監督に就任。翌年にはドレスデン聖母教会史上初の芸術監督に就任し、2020年にはベートーヴェン250年祭で中心的役割を担ったボンのベートーヴェン・ハウスの総裁に就任した。

写真:Daniel Waldhecker


  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが無料の“出前コンサート”

  2. カッセル発 〓 州立劇場の音楽総監督にラトビアの指揮者アイナルス・ルビキス

  3. ベネチア発 〓 高潮で開幕公演のリハーサル中止、フェニーチェ劇場

  4. ロンドン発 〓 指揮者のドナルド・ラニクルズに「サー」の称号

  5. ボローニャ発 〓 指揮者のオクサーナ・リーニフが疲労でダウン、ボローニャ劇場の公演の指揮をキャンセル

  6. ケルン発 〓 ケルンWDR響の次期首席指揮者にフランスの女流指揮者マリー・ジャコー

  7. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがオリジナル・レーベル起ち上げ

  8. パリ発 〓 エベーヌ弦楽四重奏団のメンバーに岡本侑也

  9. プロヴディフ発 〓 ソプラノのソーニャ・ヨンチェヴァに名誉市民の称号

  10. 訃報 〓 ペーター・マスース(74)オランダのトランペット奏者、コンセルトヘボウ管弦楽団の元首席奏者

  11. ドレスデン発 〓 ティーレマンが復活祭時期に新しい音楽祭 !?

  12. アムステルダム発 〓 首席指揮者不在のロイヤル・コンセルトヘボウ管で楽団員が投票

  13. プラハ発 〓 チェコ・フィルが昨年秋以来初の“聴衆あり”コンサート

  14. ベルリン発 〓 大統領主催のウクライナのための連帯コンサートの指揮者に沖澤のどか。急病のペトレンコの代役で

  15. ベルリン発 〓 ベンゲロフがストリーミング・サービスを開始

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。