訃報 〓 グレアム・ヴィック(67)イギリスの演出家

2021/07/18
【最終更新日】2023/02/06

イギリスの演出家グレアム・ヴィック(Graham Vick)が7月17日、新型コロナウイルス感染症による合併症で亡くなった。67歳だった。世界で最も活躍している演出家の一人。

リバプール近郊の港湾都市バーケンヘッド生まれで、マンチェスターの王立ノーザン音楽大学で学んだ。24歳だった1984年、スコティッシュ・オペラでホルストの室内オペラ《サヴィトリ》を手掛けて演出家デビューし、そのままスコティッシュ・オペラの演出陣に加わった。

1987年にはバーミンガム・オペラカンパニーを設立、自ら芸術監督に就任した。1989年にはロイヤル・オペラにデビュー。その後、著名な歌劇場で数多くの演出を手掛けてきた。1994年にはグラインドボーン音楽祭の芸術監督に就任、2000年まで務めた。

過去の作品の中では、パレルモのテアトロ・マッシモのワーグナー《ニーベルングの指環》、ベルリン・ドイツ・オペラのワーグナー《トリスタンとイゾルデ》、ミラノ・スカラ座のヴェルディ《オテロ》、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場のショスタコーヴィチ《ムツェンスク郡のマクベス夫人》などが高い評価を受けてきた。

ただ、代表作を挙げること自体が難しい多作家でもあり、今年のヴェルディ・フェスティバルの《仮面舞踏会》のように、既に演出に取り掛かっていたプロダクションもある。また、映像化されているプロダクションも数多い。

今年2021年の新年の叙勲で、大英帝国勲章2等勲爵士(KBE/DBE)に叙せられた他、2016年にロイヤル・フィルハーモニー協会の名誉会員の称号を授与されている。バーミンガム大学の名誉音楽教授も務めていた。

写真:Birmingham Opera Company


    もっと詳しく ▷








関連記事

  1. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスが無観客公演をストリーミング中継

  2. トリノ発 〓 アンドレス・オロスコ=エストラーダがRAI国立交響楽団の首席指揮者に

  3. ライプツィヒ発 〓 ネルソンスたちの擬陽性反応で、ゲヴァントハウス管のコンサート中止に

  4. エアフルト発 〓 指揮者のアレクサンダー・プライアーが着任したばかりの市立劇場の音楽総監督を退任

  5. 東京発 〓 音楽大学「上野学園大学」が来年度から学生の新規募集を停止

  6. レーゲンスブルク発 〓 市立劇場の座付きオーケストラ、レーゲンスブルク・フィルハーモニックの次期音楽総監督兼首席指揮者にステファン・ヴェセルカ

  7. シカゴ発 〓 シカゴ響が来年1月から3月末まで公演をキャンセル

  8. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  9. トロント発 〓 トランペットのコレッティが「カナディアン・ブラス」を退団

  10. シカゴ発 〓 「ショルティ指揮者アワード2018」にロデリック・コックスに

  11. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  12. 訃報 〓 佐藤しのぶ(61)日本のソプラノ歌手

  13. 訃報 〓 エンニオ・モリコーネ(91)イタリアの作曲家

  14. ティラナ発 〓 ソプラノのエルモネラ・ヤオが母国アルバニアの子どもの権利擁護団体の大使に

  15. 訃報 〓 盛中国(77)中国のヴァイオリニスト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。