グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の音楽祭は予定通りの開催めざす

2021/02/18

英国のグラインドボーン音楽祭(Glyndebourne Festival Opera)が2021年の音楽祭の概要を発表した。発表によると、2021年の音楽祭は5月20日から8月29日までという、当初の予定通りの日程での開催をめざす。

2021年に新制作はヤナーチェク《カーチャ・カバノヴァー》、ロッシーニ《イタリアのトルコ人》、ヴェルディ《ルイザ・ミラー》の3作品。再演はモーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》。これにワーグナー《トリスタンとイゾルデ》がセミ・ステージ形式で上演される。

《カーチャ・カバノヴァー》はダミアーノ・ミケレットの新演出。指揮は音楽監督のロビン・ティチアーティーで、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮する。主役カーチャにカテジナ・クネジコヴァ、ボリスにデイヴィッド・バット・フィリップ、ヂコイにアレクサンドル・ヴァシリエフ。

また、《イタリアのトルコ人》はマリアム・クレモンが新演出を手掛ける。ジャンカルロ・アンドレッタがロンドン・フィルを指揮、太守セリムにアンドレア・マストローニ、フィオリッラにエレーナ・ ツァラゴワ、ジェローニオにロディオン・ポゴソフ、ナルチーゾにミケーレ・アンジェリーニという顔ぶれが揃う。

一方、《ルイザ・ミラー》の新演出を手掛けるのはクリストフ・ロイ。演奏はエンリケ・マッツォーラ指揮のロンドン・フィル。ルイザにマネ・ガロヤン、ヴァルター伯爵にエフゲニー・スタヴィンスキー、ロドルフォにチャールズ・カストロノーヴォ、ミラーにウラディスラフ・スリムスキー。

写真:Glyndebourne Festival Opera


    もっと詳しく ▷

    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ザルツブルク発 〓 国際モーツァルト財団が来年の「モーツァルト週間」の公演ラインナップを発表

  2. ヴェルビエ音楽祭 〓 2021年のプログラムを発表、藤田、辻井が出演

  3. ロッシーニ・オペラ・フェスティバル 〓 来年のオペラを発表、2020年は予定通り8日開幕

  4. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭がキャスト交代を発表。ジョン・ルンドグレンを《ワルキューレ》のヴォータン、《ジークフリート》のさすらい人に起用、来年から上演始まる新制作の《ニーベルングの指環》で

  5. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラの芸術監督にアンニリース・ミスキモン

  6. ロンドン発 〓 英国はイングランドでロックダウン、劇場も閉鎖

  7. SWRシュヴェツィンゲン音楽祭 〓 5月開催を10月開催に延期

  8. ザルツブルク音楽祭 〓 2021年版の公式トレーラーをUP

  9. ラ・フォル・ジュルネ 〓 再延期を発表、開催は5月末

  10. シドニー発 〓 ハンダ・オペラが今年の公演を中止

  11. ロンドン発 〓 カリーナ・カネラキスがロンドン・フィルの首席客演指揮者に

  12. チェルトナム発 〓 今年のフェスティバルの開催中止を発表

  13. インスブルック古楽音楽祭 〓 2021年の公演ラインナップを発表

  14. ロンドン発 〓 ジョシュア・ベルがアカデミー室内管との契約を延長

  15. ゲッティンゲン国際ヘンデル音楽祭 〓 第100回の音楽祭の開催を断念

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。