訃報 〓 エディト・パイネマン(85)ドイツのヴァイオリニスト

2023/05/24

ドイツのヴァイオリニスト、エディト・パイネマン(Edith Peinemann)が2月24日に亡くなっていたことがメディアに伝えられた。85歳だった。残された録音は少ないが、ジネット・ヌヴーらと並んで、戦後を代表する女流ヴァイオリニストの一人として知られていた。

1937年、マインツの生まれ。マインツ楽団のコンサートマスターを務めていた父親から音楽の手ほどきを受けた後、ロンドンでマックス・ロスタルに師事した。1956年に19歳でミュンヘンのARD国際音楽コンクールに優勝し、審査員を務めた指揮者のウィリアム・スタインバーグに招かれ、1962年にピッツバーグ交響楽団と共演して米国デビューを飾り、国際的な演奏活動をスタートさせた。

米国のクリーブランド管弦楽団を率いていたジョージ・セルに高く評価され、ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲でクリーブランド・デビュー。セルとはカーネギーホール・デビューも飾った。南アフリカを好み、現地でも高い人気を得ていた。1960年代、70年代に5度、南アフリカ地域のツアーを行っている。

人気ヴァイオリニストながら録音活動にあまり積極的ではなく、協奏曲の録音は、セルとのベートーヴェン、ヨーゼフ・カイルベルトとのメンデルスゾーンとシベリウス、ペーター・マークとのドヴォルザーク、ギュンター・ヴァントとのプロコフィエフ、ルドルフ・ケンペとのベルクなど。

1976年にはフランクフルト音楽・舞台芸術大学の教授に就任。その後、クリーブランド音楽院、インディアナ大学ブルーミントン校、ルツェルン音楽院などで指導に当たり、日本の草津国際音楽アカデミー&フェスティバルの講師も務めた。また、2005年から20011年まではESTA(ヨーロッパ弦楽器教育者協会)の会長を務めた。

写真:Deutsche Grammophon





関連記事

  1. ライプツィヒ発 〓 市立オペラが新制作の《ローエングリン》でカタリーナ・ワーグナーの新演出を断念、コロナ禍でリセウ劇場との共同制作進まず

  2. ドレスデン発 〓 ドレスデン音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表

  3. ケルン発 〓 WDR交響楽団の次期首席指揮者にマチェラル

  4. ハンブルク発 〓 州立オペラが2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表、開幕は新制作の《ボリス・ゴドノフ》

  5. バイロン・ジャニス(85)米国のピアニスト

  6. ライプツィヒ発 〓 市立歌劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  7. 東京発 〓 シュターツカペレ・ベルリンの日本ツアーで指揮者交代、バレンボイムの代役にティーレマン

  8. ドルトムント発 〓 市の音楽総監督に指揮者のジョーダン・デ・スーザ

  9. ニュルンベルク発 〓 市が財政難で新しいコンサートホールの建設を延期

  10. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  11. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが11月のヨーロッパ・ツアーを中止

  12. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  13. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  14. ベルリン発 〓 指揮者サイモン・ラトルにドイツ連邦政府最高位の勲章

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが空席の首席ホルン奏者に中国の24歳、ユン・ゼンを採用

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。