訃報 〓 ウェルナー・ヒンク(81)ヴァイオリニスト / ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の元コンサートマスター

2024/05/23

オーストリアのヴァイオリニスト、ウェルナー・ヒンク(Werner Hink)が5月21日、ウィーンの自宅で死去、81歳だった。喉頭がんで闘病中だった。長くウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務め、ウィーン弦楽四重奏団、新ウィーン八重奏団など、オーケストラのメンバーを集めた活動で知られた。

1943年、ウィーン生まれ。ウィーン市立音楽院、ウィーン国立音楽大学でフランツ・サモイルに師事。1964年に第1ヴァイオリン奏者としてウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団、その年にウィーン・フィルにも入団した。1974年にコンサートマスターに就任。在任は2008年まで34年間にわたる。

入団した1964年にオーケストラのメンバーとウィーン弦楽四重奏団を結成。また、1970年代に入って、新しいメンバーを集めてウィーン八重奏団の活動を引き継いだ。ソリストしても活動にも積極的で、日本で30年以上にわたり、ピアニストの遠山慶子とのデュオや室内楽に取り組み、50枚近くのアルバムをリリースしている。

また、若手の育成にも熱心で、1982年から母校のウィーン市立音楽院のヴァイオリン科教授。1996年から2018年までの22年間にわたり、群馬県で開かれる「草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」の講師を務め、札幌で行われている「PMF=パシフィック・ミュージック・フェスティバル」でも、1991年から2010年にかけてPMFウィーンの教授として15回参加している

写真:Wiener Philharmoniker / Jun Keller


関連記事

  1. ザルツブルク発 〓 ハイティンクがウィーン・フィルの名誉会員に

  2. 訃報 〓 ドイツのホルン奏者(89)ヘルマン・バウマン

  3. ザルツブルク発 〓 州立劇場の首席指揮者にスリランカ生まれのレスリー・スガナンダラージャ

  4. シュタイアー発 〓 「オーストリア音楽劇場賞」の最優秀指揮者にフランツ・ウェルザー=メスト

  5. ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭 〓 代役でネトレプコが《トスカ》に出演

  6. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭はプログラムを組み直して開催を模索

  7. 訃報 〓 エディト・パイネマン(85)ドイツのヴァイオリニスト

  8. 訃報 〓 ワルター・バリリ(100)オーストリア出身のヴァイオリニスト, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の元コンサートマスター

  9. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  10. 訃報 〓 イングリッド・ヘブラー(93)オーストリア出身のピアニスト

  11. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルの今年のサマー・ナイト・コンサートの指揮はアンドリス・ネルソンス

  12. ザルツブルク発 〓 バルトリが来年の聖霊降臨祭音楽祭の構想明らかに

  13. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ベルリン発 〓 州立オペラの次期インテンダントにオーストリアの女流演出家エリザベート・ソボトカ

  15. ウィーン発 〓 国立バレエの芸術監督にアレッサンドラ・フェリ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。