ザルツブルク発 〓 バルトリが来年の聖霊降臨祭音楽祭の構想明らかに

2020/08/21
【最終更新日】2020/08/22

メゾ・ソプラノのチェチーリア・バルトリ(Cecilia Bartoli)が、来年2021年のザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭が構想を明らかにした。バルトリは2012年から、音楽祭の芸術監督を務めている。今年の音楽祭は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で中止された。勇躍、リベンジ、といったところ。

構想によると来年は、ヘンデルのオペラ《時と悟りの勝利》が新演出で登場する。演出はロバート・カーセン。加えて、モーツァルト《皇帝ティートの慈悲》が再演される。どちらも演奏は、ジャンルカ・カプアーノ指揮の「モナコ公の音楽家たち」。

また、プッチーニ《トスカ》がコンサート形式で上演される。トスカにアニヤ・ハルテロス、カヴァラドッシにヨナス・カウフマン、スカルピアにブリン・ターフェルという豪華なキャスティングで、指揮はズービン・メータ。

写真:Festspielhaus Baden-Baden


関連記事

  1. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2020年の新作披露は《ファルスタッフ》と《カストールとポリュックス》

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月のストリーミング配信ラインナップを発表

  3. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルがアーカイブ映像をストリーミング配信

  4. ドレスデン発 〓 モーリッツブルク音楽祭が開幕

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  6. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭はプログラムを組み直して開催を模索

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  8. ハダースフィールド現代音楽祭 〓 11月の音楽祭の中止を決定

  9. ロッシーニ・オペラ・フェスティバル 〓 来年のオペラを発表、2020年は予定通り8日開幕

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  11. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭、2021年のスケジュールを発表

  12. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  13. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場がアーカイブを毎日ストリーミング配信、公演休止中の4月2日までは無料で

  15. ザルツブルク音楽祭 〓 ヤンソンスの代役にウェルザー=メスト、ソヒエフ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。