ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第3週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《パルジファル》も

2021/04/14
【最終更新日】2021/04/15

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が4月第3週(4月13日-4月19日)のストリーミング配信ラインナップを発表した。ヨナス・カウフマンら豪華キャストで上演された新制作の《パルジファル》も盛り込まれている。ストリーミングはライブを除き、現地時間の19時(日本時間の翌日午前2時)から。ラインナップは以下の通り。

13日
[オペラ]
ベッリーニ《夢遊病の女》
出演:ダニエラ・ファリー / ファン・ディエゴ・フローレス / ルカ・ピサローニ / マリア・ナザロワ
指揮:ギレルモ・ガルシア・カルヴォ
演出:マルコ・アルトゥーロ・マレッリ
(収録:2017)


14日
[バレエ]
ミンスク《ドン・キホーテ》
出演:カミル・パヴェルカ / Mマリア・ヤコヴレワ / デニス・チェリェヴィチコ / オルガ・エシナ
指揮:ケヴィン・ローズ
振付:ルドルフ・ヌレエフ
(収録:2016)


15日
[オペラ]
ロッシーニ《セビリアの理髪師》
出演:ファン・ディエゴ・フローレス / マルガリータ・ グリツコヴァ / ラファエル フィンガーロス / パオロ・ルメッツ
指揮:エヴェリーノ・ピド
演出:ギュンター・レンネルト
(収録:2019)


16日
[オペラ]
プッチーニ《トスカ》
出演:ソンドラ・ラドヴァノフスキー /  ピョートル・ベチャワ /  トーマス・ハンプソン
指揮:マルコ・アルミリアート
演出:マルガレーテ・ヴァールマン
(収録:2019)


17日
[オペラ]
ドニゼッティ《愛の妙薬》
出演:ヴァレンティナ・ナフォルニツァ / スティーヴン・ コステロ / マルコ・カリーア / アーウィン・シュロット
指揮:マルコ・アルミリアート
演出:オットー・シェンク
(収録:2016)


18日
[オペラ]
ワーグナー《パルジファル》
出演:ヨナス・カウフマン / エリーナ・ガランチャ / リュドヴィク・テジエ / ゲオルク・ツェッペンフェルト / ヴォルフガング・コッホ
指揮:フィリップ・ジョルダン
演出:キリル・セレブレンニコフ
(収録:2021)


19日
[オペラ]
プッチーニ《ラ・ボエーム》
出演:マリーナ・レベカ / ベンジャミン・ベルンハイム / クレメンス・ ウンターライナー / ハンス・ペーター・カンマラー / マリアム・バッティステッリ
指揮:スペランツァ・スカップッチ
演出:フランコ・ゼフィレッリ
(収録:2018)


写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. シドニー発 〓 オペラハウスが5日に《メリー・ウィドウ》で再開場

  2. マールボロ発 〓 マールボロ音楽祭が開催を断念

  3. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2月のストリーミング・スケジュールを発表

  4. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーの次期音楽監督に指揮者のオメール・メイア・ヴェルバー

  5. 浜松発 〓 浜松国際ピアノコンクールが第11回コンクールの開催概要を発表

  6. ザルツブルク発 〓 ドミンゴに「オーストリア音楽劇場賞」功績賞

  7. 訃報 〓 ハリー・クプファー, ドイツの演出家

  8. ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

  9. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  10. 訃報 〓 エライジャ・モシンスキー, オーストラリアの演出家

  11. サンディエゴ発 〓 指揮者ラファエル・パヤーレがサンディエゴ響との契約を更新

  12. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが来年年4月までの公演のキャンセルを発表

  13. 東京発 〓 東京交響楽団が先陣切って公演再開へ

  14. トリノ発 〓 RAI国立交響楽団の首席客演指揮者にロバート・トレヴィーノ

  15. ローザンヌ発 〓 ローザンヌ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。