ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭 〓 代役でネトレプコが《トスカ》に出演

2021/05/19

なんという代役ー。ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭がコンサート形式で上演するプッチーニの歌劇《トスカ》で、主役トスカに予定されたアニヤ・ハルテロスの代役として、アンナ・ネトレプコが急きょ出演することになった。

発表によると、ハルテロスだけでなく、ターフェルも降板する。こちらはルカ・サルシが代役に起用される。二人が降板する理由は発表されていない。今年の音楽祭は5月21日の開幕で、24日までの日程。昨年の音楽祭は新型コロナウイルスの感染拡大で中止されている。上演されるオペラは、ヘンデル《時と悟りの勝利》、モーツァルト《皇帝ティートの慈悲》、プッチーニ《トスカ》。

中でも、《トスカ》は主役トスカにハルテロス、カヴァラドッシにヨナス・カウフマン、スカルピアにブリン・ターフェルが起用され、音楽祭の芸術監督を務めるチェチーリア・バルトリが羊飼いの役で出演することになっていた。10歳の時にローマ歌劇場で“オペラ・デビュー”した役を再び、ということで何かと話題の公演だった。

写真:Bayerische Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. バイロイト発 〓 シモーネ・ヤングが音楽祭デビュー、音楽祭史上初めて《ニーベルングの指環》を指揮する女性指揮者に

  2. ニューヨーク発 〓 リンカーン・センターがこの夏で「モーストリー・モーツァルト・フェスティバル」を終了

  3. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 予定通りの開催、カウフマンがトリスタンに初挑戦

  4. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2022年の「ニューイヤー・コンサート」プログラムを発表

  5. ウィーン発 〓 アルベナ・ダナイローヴァが2024年元旦の「ニューイヤー・コンサート」のコンサートマスターに

  6. バイロイト発 〓 メゾ・ソプラノのエリーナ・ガランチャがバイロイト音楽祭デビュー、新制作の《パルジファル》のクンドリー役で

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  8. ウィーン発 〓 芸術週間がクルレンツィス率いる南西ドイツ放送響招聘を見送り、リーニフらウクライナからの抗議受け

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場管のコンサートマスターにイスラエルの若手ヤメン・サーディ

  10. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク復活祭音楽祭が過去の公演をストリーミング配信

  11. ウィーン発 〓 シェーンブルン宮殿のサマー・ナイト・コンサートを9月に延期、ウィーン・フィル

  12. ザルツブルク発 〓 1592年にオープンの老舗楽譜店が閉店

  13. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ5月音楽祭が2022年の音楽祭ラインナップを発表

  14. ウィーン発 〓 ポリーニが10ヵ月ぶりに現場復帰

  15. ザルツブルク音楽祭 〓 2021年版の公式トレーラーをUP

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。