ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭 〓 代役でネトレプコが《トスカ》に出演

2021/05/19

なんという代役ー。ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭がコンサート形式で上演するプッチーニの歌劇《トスカ》で、主役トスカに予定されたアニヤ・ハルテロスの代役として、アンナ・ネトレプコが急きょ出演することになった。

発表によると、ハルテロスだけでなく、ターフェルも降板する。こちらはルカ・サルシが代役に起用される。二人が降板する理由は発表されていない。今年の音楽祭は5月21日の開幕で、24日までの日程。昨年の音楽祭は新型コロナウイルスの感染拡大で中止されている。上演されるオペラは、ヘンデル《時と悟りの勝利》、モーツァルト《皇帝ティートの慈悲》、プッチーニ《トスカ》。

中でも、《トスカ》は主役トスカにハルテロス、カヴァラドッシにヨナス・カウフマン、スカルピアにブリン・ターフェルが起用され、音楽祭の芸術監督を務めるチェチーリア・バルトリが羊飼いの役で出演することになっていた。10歳の時にローマ歌劇場で“オペラ・デビュー”した役を再び、ということで何かと話題の公演だった。

写真:Bayerische Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. エルル・チロル音楽祭 〓 グスタフ・クーンの後任の芸術監督決まる

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場がアーカイブを毎日ストリーミング配信、公演休止中の4月2日までは無料で

  3. ペーザロ発 〓 イタリアのロッシーニ・オペラ・フェスティバルが《ランスへの旅》をライブ・ストリーミング

  4. シドニー発 〓 ハンダ・オペラが今年の公演を中止

  5. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  6. ノボシビルスク発 〓 トランス=シベリア芸術祭が開幕

  7. ウィーン発 〓 ティーレマン、2024年からスカラ座の《ニーベルングの指環》を指揮

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場に続いて、ウィーン・フィル主催の舞踏会も中止

  9. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  10. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が新制作のベートーヴェン《フィデリオ》を上演前にストリーミング配信

  11. シュタイアー発 〓 「オーストリア音楽劇場賞」の最優秀指揮者にフランツ・ウェルザー=メスト

  12. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場に初の女性コントラバス奏者

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第3週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《パルジファル》も

  14. リガ発 〓 リガ・ユールマラ音楽祭が中止を発表。ロシアのウクライナ武力侵攻、ゲルギエフ絡みで

  15. インスブルック発 〓 インスブルック古楽音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。