ウィーン発 〓 国立歌劇場に続いて、ウィーン・フィル主催の舞踏会も中止

2021/12/17

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Wiener Philharmoniker)が「ウィーン・フィルハーモニー・バル」の中止を発表した。昨年に続いて2年連続の中止となった。

オーケストラ主催の舞踏会は本拠地の楽友協会大ホール(ムジークフェライン・ザール)で行っており、中止された昨年が80回という老舗で、オーケストラの演奏もあって国立歌劇場主催の舞踏会と肩を並べる存在。参加者が踊ることがメインのイベントは新型コロナ対策ルールをクリアできないという。

オーストリアでは11月22日からのロックダウン(都市封鎖)が12月12日に解除された。室内イベントの場合は、空調による換気が徹底されていること、マスクを着用すること、衛生対策がしっかり行われていること、座席が指定されていることなどを条件にして、2000人までの入場が認められている。

このため、ウィーン・フィルはルールに則り、2022年元旦のニューイヤー・コンサートは、マスク着用の聴衆を入れて行う方針。ただ、参加者が踊ることがメインで、人の動きが激しい舞踏会はルールに抵触するという。

舞踏会は冒頭で、ウィーン・フィルはワルツなどを演奏、その後、特別編成のオーケストラの演奏に乗って舞踏会が繰り広げられる。昨年は第80回という節目の年で、オーケストラでは、前年に自作の映画音楽作品を引っ提げて指揮台に登場した作曲家ジョン・ウィリアムズに開宴のファンファーレの作曲を委嘱していた。

写真:Wiener Philharmoniker


関連記事

  1. フィラデルフィア発 〓 演奏前に楽団員が同僚に“客前プロポーズ”

  2. グラフェネック発 〓 ルドルフ・ブッフビンダーが音楽祭の芸術監督をさらに2年

  3. アムステルダム発 〓 北欧ツアーの代役でディーマ・スロボデニュークがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団デビュー

  4. サンタンデール発 〓 スペインの音楽祭は8月催行へ

  5. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」にエミリー・ダンジェロ

  6. ベルガモ発 〓 ドニゼッティ・オペラ・フェスティバルがネット上で特別ガラ・コンサート、投稿でドレスアップ度コンテストも

  7. 訃報 〓 盛中国(77)中国のヴァイオリニスト

  8. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが5年かけ、新しい《ニーベルングの指環》

  9. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2020/2021シーズンをキャンセル

  10. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ5月音楽祭の新しい音楽監督にダニエレ・ガッティ

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第2週のストリーミングのラインナップを発表

  12. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭が2024年夏の公演ラインナップを発表、上演オペラは《魔弾の射手》

  14. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルがネット上で「マーラー・デジタル・フェスティバル」

  15. 訃報 〓 ディミトリー・ホフストフスキー(55)ロシア出身のバリトン歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。