ウィーン発 〓 指揮者のフランツ・ヴェルザー=メストがウィーン・フィルの名誉会員に

2024/04/24

指揮者のフランツ・ヴェルザー=メスト(Franz Welser-Möst)がウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の名誉会員に加わった。オーケストラが23日に発表したもの。楽団長のダニエル・フロシャウアーは「名誉会員になることは、芸術的な連帯感だけでなく、オーケストラとの個人的で重要な友情の証でもあります。彼はは長年にわたって私たちの仲間でした」と述べている。

ウェルザー=メストはオーストリア・リンツ生まれの63歳。ヴァイオリニストをめざしていたが、18歳の時に交通事故で重傷を負ったことで指揮者に転身。ミュンヘン音楽・芸術大学で指揮を学び、1986年にスウェーデンのノールショピング交響楽団、1987年にヴィンタートゥール・ムジークコレギウム管弦楽団の首席指揮者に就任、指揮者としてのキャリアをスタートさせた。

その後、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督(1990ー1995)、チューリッヒ歌劇場の音楽監督(1995ー2008)を歴任した上、2002年からはクリーヴランド管弦楽団の音楽監督(2002ー)も務め、1998年にはウィーン・フィルの定期公演にデビュー。それを受けて、2010年にはウィーン国立歌劇場の音楽総監督に就任した(オーストリア人指揮者の音楽総監督はヘルベルト・フォン・カラヤン以来約半世紀ぶり)。が、2014年には総監督のドミニク・マイヤーとの意見対立から突如辞任している。

しかし、その後も、ウィーン国立歌劇場管弦楽団を母体とするウィーン・フィルとの関係は続き、日本、中国、ヨーロッパ、アメリカへのツアーやザルツブルク音楽祭で定期的に指揮。2010年のシェーンブルン宮殿でのサマーナイト・コンサートに加え、「ニューイヤー・コンサート」は2011年、2013年、2023年と3回指揮している。

本人は昨年9月に癌治療で12ヶ月から16ヶ月の治療を受ける必要があると発表して活動を一時休止し。この1月11日にクリーブランド管の演奏会を指揮して現場復帰したところ。ただその直後、音楽監督として歴代最長となる在任25年を迎える2027/2028シーズンの終了をもって退任することを明らかにしている。

写真:Wiener Philharmoniker / Terry Linke


関連記事

  1. マドリッド発 〓 スペイン政府が非常事態を再度宣言、夜間外出禁止

  2. モーツァルト週間 〓 2021年の開催断念を発表

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立バレエ団が空席の監督にローラン・イレール

  4. カンザスシティ発 〓 ヴァイオリンの岩崎潤がカンザスシティ響のコンサートマスターに

  5. ブダペスト発 〓 ハンガリー国立歌劇場が世界初演されたばかりのエトヴェシュの新作《ヴァルスカ》を無料ストリーミング配信

  6. ボストン発 〓 ボストン響が東アジア・ツアーを中止

  7. ルツェルン発 〓 延期されていたアンドラーシュ・シフのコンサートの中止決定、新型コロナウイルスの感染拡大止まず

  8. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表、新しい「リング・チクルス」がスタート

  9. ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

  10. 訃報 〓 ジェシー・ノーマン(74)米国のソプラノ歌手

  11. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルがチケット発売延期

  12. ケルン発 〓 ケルン放送管の次期首席指揮者にアイルランドの指揮者デヴィッド・ブロフィー

  13. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇院が新制作の《トゥーランドット》を無料ストリーミング

  14. 訃報 〓 エンニオ・モリコーネ(91)イタリアの作曲家

  15. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。