ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2022年の「ニューイヤー・コンサート」プログラムを発表

2021/11/04
【最終更新日】2021/11/05

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Wiener Philharmoniker)の2022年の元旦に行う「ニューイヤー・コンサート」のプログラムが発表された。2022年の指揮者は2009年と2014年に次いで3度目の登場となるダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim)。

「ニューイヤー・コンサート」は毎年元旦、彼らが本拠地の楽友協会大ホールで行っている恒例行事。シュトラウス一家のワルツやポルカを演奏する“音楽の都からの音楽の年賀状”。ただ、リッカルド・ムーティの指揮で行われた2021年は新型コロナウイルスの世界的流行で、1939年の創設以来初めて無観客で開催されている。

…… プログラム( ※ ニューイヤーコンサート初登場)

 ヨーゼフ・シュトラウス:行進曲《フェニックス》op.105 ※
 ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ《フェニックスの翼》op.125
 ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・マズルカ《海の精》op.248 ※
 ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世:ギャロップ《小さな広告家》op.4
 ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ《朝の新聞》op.279
 エドゥアルト・シュトラウス:ポルカ・シュネル《小さな年代史》op.128 ※
  <休憩>
 ヨハン・シュトラウス2世:歌劇《こうもり》序曲
 ヨハン・シュトラウス2世:《シャンパン・ポルカ》op.211
 カール・ミヒャエル・ツィーラー:ワルツ《夜遊びする人》op.466 ※
 ヨハン・シュトラウス2世:行進曲《ペルシャ》op.289
 ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ《千夜一夜物語》op.346
 エドゥアルト・シュトラウス:ポルカ《プラハへの挨拶》op.144
 ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世:Elves. Charakterstück ※
 ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ《ニンフたち》op.50 ※
 ヨーゼフ・シュトラウス :ワルツ《天体の音楽》 op.235

写真:Wiener Philharmoniker


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. カルガリー発 〓 カルガリー・フィルも楽団員84人全員を一時解雇

  2. ストックホルム発 〓 スウェーデンも劇場の一時閉鎖へ

  3. ロンドン発 〓 英国はイングランドでロックダウン、劇場も閉鎖

  4. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが新しいリサイタル・シリーズを無料でストリーミング配信

  5. ニュルンベルグ発 〓 ヨアナ・マルヴィッツが任期満了をもって州立劇場の音楽総監督を退任

  6. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  7. 訃報 〓 タリン・フィービッグ, オーストラリアのソプラノ歌手

  8. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  9. ピアチェンツァ発 〓 市立劇場が5月16日の再開場を発表、ドミンゴ、ムーティの出演続く

  10. トロント発 〓 トランペットのコレッティが「カナディアン・ブラス」を退団

  11. デュッセルドルフ発 〓 アダム・フィッシャーがデュッセルドルフ響との契約延長

  12. ウィーン発 〓 楽友協会がウィーン・フィルのコンサート・スケジュールを発表

  13. ボストン発 〓 ボストン響が給与カットと一時休職で合意、タングルウッド音楽祭に希望繋ぐ

  14. ハノーファー発 〓 州立劇場の次期音楽総監督にステファン・ジリアス

  15. ブリスベン発 〓 「オペラ・オーストラリア」が新しい“リング”チクルス

    • 匿名希望

    ダニエル・バレンボイム指揮ウィーン・フィルニュー・イヤー・コンサート2022年のプログラムが決まりました。本編挿入映像の他に第2部からはウィーン国立バレエ団からのバレエ2曲が入ります。ヨゼフ・シュトラウスのワルツ天体の音楽が2009年と共通しています。2022年11月15日ダニエル・バレンボイム80歳の誕生日おめでとうございます。新型コロナウイルスの影響で2回目の無観客ニュー・イヤー・コンサートは覚悟すべし!

  1. この記事へのトラックバックはありません。