東京発 〓 N響が2024/2025シーズンの定期演奏会の公演ラインナップを発表

2024/01/14

NHK交響楽団(NHK Symphony Orchestra)が2024/2025シーズンの定期演奏会の公演ラインナップを発表した。新シーズンは、2022/2023シーズンから首席指揮者を務めるファビオ・ルイージ(Fabio Luisi)が生誕200年を迎えるブルックナー交響曲第8番を指揮して幕を開ける。

発表によると、ルイージは9月の開幕公演に続いて、12月定期、2025年5月定期に登場。N響は5月にオランダのアムステルダム・コンセルトヘボウで開催される「マーラー・フェスティバル」に客演するが、その直前の演奏会では、現地で演奏する交響曲第3番と第4番を取り上げる。

豪華な客演指揮者の顔ぶれも話題の一つ。前シーズンに来日できなかった桂冠名誉指揮者のヘルベルト・ブロムシュテット、ウラジーミル・フェドセーエフという指揮者界の大御所に加え、前・首席指揮者で名誉指揮者のパーヴォ・ヤルヴィら世界のオーケストラ・サーキットの第一線で活躍する指揮者が顔を揃える。

そのうち、アンドレス・オロスコ=エストラーダ、ペトル・ポペルカ、ギエドレ・シュレキーテ、タルモ・ペルトコスキがオーケストラ・デビューを果たすが、いずれも躍進著しい面々。加えて、ファンホ・メナ、ディマ・スロボデニュークが再びその指揮台に登場する。

一方、日本人指揮者も、正指揮者で昨年の《第九》公演を任された下野竜也に加え、2023年4月から英国のバーミンガム市交響楽団の首席指揮者兼アーティスティック・アドバイザーを務める山田和樹が登場、ルーセル、バルトーク、ラヴェル、ドビュッシーの作品を組み合わせたプログラムで独自色を打ち出す。

招かれるソリストも、ピアノではエレーヌ・グリモー、ネルソン・ゲルナー、フランチェスコ・ピエモンテージ、藤田真央が共演。ヴァイオリンの諏訪内晶子や三浦文彰、フルートのカール・ハインツ・シュッツ、ホルンのラデク・バボラーク、ソプラノのクリスティアーネ・カルクとこちらも充実のラインナップ。

写真:NHK Symphony Orchestra


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ジュネーブ発 〓 ジョナサン・ノットが音楽監督を務めるスイス・ロマンド管と契約更改、任期を2026年まで延長

  2. ライプチヒ発 〓 ブロムシュテットがゲヴァントハウス管とシューベルト、ベルワルドの交響曲全集

  3. ロサンゼルス発 〓 アカデミー賞授賞式の指揮台に初の女性指揮者

  4. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  5. アムステルダム発 〓 オランダ放送フィルが首席指揮者のカリーナ・カネラキスとの契約を延長

  6. ソフィア発 〓 国立歌劇場で新シーズン開幕、創立130周年

  7. ベルリン発 〓 アルテミス弦楽四重奏団の元第1ヴァイオリン、ヴィネタ・サレイカ=フォルクナーがベルリン・フィルへ

  8. オスロ発 〓 クラウス・マケラが3月、オスロ・フィルとのシベリウス全集でレコード・デビュー

  9. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレも中止を発表

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が管弦楽団の首席チェロ奏者を解任

  11. 東京発 〓 日本フィルが2024/2025シーズンの定期演奏会のラインナップを発表

  12. ザールブリュッケン発 〓 ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルの首席クラリネットに19歳の小林りゅうた

  13. ベルリン発 〓 劇場とホールの閉鎖は4月中旬まで

  14. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが2022年1月の公演をキャンセル

  15. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。