訃報 〓 ラファエル・ロハス, メキシコ出身のテノール歌手

2022/01/21

メキシコ出身のテノール歌手ラファエル・ロハス(Rafael Rojas)が1月18日に亡くなった。59歳だった。死因は明らかにされていない。英国やドイツの歌劇場、ブレゲンツ音楽祭などに出演してきた。

1963年、メキシコ第2の都市グアダラハラ生まれ。グアダラハラ大学で学んだ後、英国グラスゴーのスコットランド王立音楽院で学び、1995年にプラシド・ドミンゴが主宰するコンクール「オペラリア」でサルスエラ賞を授賞して注目を集め、国際舞台にデビューした。

その後、米国を中心に活動。ワシントン・オペラ、シアトル・オペラ、グリマーグラス・フェスティバル、ニューヨーク・シティ・オペラ、ボストン・リリック・オペラ、ヒューストン・グランドオペラなどに出演を重ねた。

1999年にオーストリアのブレゲンツ音楽祭のヴェルディ《仮面舞踏会》に出演してヨーロッパ・デビュー。その後、音楽祭への出演が続き、 2021年にはボイートの《ネロ》に出演している。

スピントの役を得意とし、最近は英国のオペラ・ノースを中心に活動しながら、ベルリン・ドイツ・オペラ、ザクセン州立オペラ、ライプツィヒ市立オペラ、シュトゥットガルト州立オペラなどのドイツの歌劇場、オーストラリアやニュージーランドの歌劇場などに出演を重ねていた。

写真:Opera North




関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座が新制作の《サロメ》をストリーミング配信

  2. ペルミ発 〓 クルレンツィス&ムジカ・エテルナのベートーヴェン交響曲第1弾が登場

  3. 訃報 〓 ネッロ・サンティ, イタリアの指揮者

  4. ローマ発 〓 イタリア、再びロックダウンへ

  5. ミラノ発 〓 スカラ座が恒例の12月7日の開幕を断念

  6. ベルリン発 〓 州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ローマ発 〓 パッパーノの後任にガッティが急浮上、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団

  8. シオン発 〓 ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールが閉幕

  9. ドレスデン発 〓 ザクセン州立オペラが宮本亞門新演出の《蝶々夫人》の上演を順延、スタッフに新型コロナの感染者出て

  10. ハリコフ発 〓 ロシアのウクライナ侵略に伴う攻撃で、オデッサに続いて、ハリコフのオペラハウスも破壊される

  11. フィラデルフィア発 〓 フィラデルフィア管が「男性メンバーの燕尾服着用をやめる」

  12. ケルン発 〓 ケルン放送管の首席指揮者にフランク・ストローベル

  13. ストックホルム発 〓 スウェーデンも劇場の一時閉鎖へ

  14. 東京発 〓 第19回「東京国際音楽コンクール」はブラジルのジョゼ・ソアーレスが優勝

  15. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが2022年1月の公演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。