訃報 〓 アンドリュー・デイヴィス(80)英国の指揮者

2024/04/21
【最終更新日】2024/04/22

英国の指揮者アンドリュー・デイヴィス(Andrew Davis)が4月20日、シカゴで亡くなった。80歳だった。デイヴィスは昨年、白血病と診断され、2ヶ月前から体調が悪化していたという。

ハートフォードシャーの生まれで、ケンブリッジのキングス・カレッジで学び、オルガン奨学生として活躍。その後、指揮活動をスタートさせ、1975年にカナダのトロント交響楽団の音楽監督に就任した(ー1988)。続いて、1988年からは夏の「グラインドボーン・フェスティバル・オペラ」の音楽監督に就任した(ー2000)。

また、翌1989年からはBBC交響楽団の首席指揮者に就任、2000年に退任するまでロンドンの夏の音楽祭「BBCプロムス」では必ず千秋楽の「ラスト・ナイト」に出演、国民的な人気も獲得した。

その後、シカゴ・リリック・オペラ(2000ー2021)、メルボルン交響楽団(2013-2019)の首席指揮者などを歴任。2002年 には《ローエングリン》を指揮してバイロイト音楽祭にもデビューしている。その後も、国際的に著名なオーケストラに客演を重ねていた。今後もシカゴ交響楽団への客演など、予定されていた公演も多い。

レパートリーはバロックからヤナーチェク、メシアン、ブーレーズ、エルガー、ティペット、ブリテンなどの20世紀作品まで幅広く、残された録音も多い。最近になってワーナー・クラシックスから16枚組CDによる回顧コレクションとしてリリースされていた。

1992年に大英帝国勲章コマンダー(CBE)を受章、1999年には「ナイト・バチェラー」に叙されている。また、2002年には、エリザベス二世の在位50年祝賀行事としてバッキンガム宮殿の庭園で開催されたコンサート「プロム・アット・ザ・パレス」を指揮している。

写真:Dario Acosta


関連記事

  1. ボストン発 〓 フェニックス管弦楽団の次期音楽監督にジョシュア・ワイラースタイン

  2. エバンストン発 〓 原田慶太楼に2023年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者賞」

  3. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がロシアのウクライナへの武力侵攻1周年で特別演奏会

  4. ニューヨーク発 〓 ウクライナ人演奏家集めた「フリーダム・オーケストラ」が欧米をツアー

  5. ロサンゼルス発 〓 映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の作曲家が降板、後任になんとハンス・ジマー

  6. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラがオペラの衣装をオンラインで販売

  7. 訃報 〓 ハロルド・バッド(84)米国の作曲家、ピアニスト

  8. 訃報 〓 マイケル・トゥリー(84)米国のヴィオラ奏者

  9. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ響も2020/2021シーズンをキャンセル

  10. ワシントン発 〓 ジャナンドレア・ノセダがナショナル交響楽団との契約を延長

  11. 訃報 〓 ロバート・マン(97)米国のヴァイオリニスト、ジュリアード弦楽四重奏団の創設メンバー

  12. レイクシティ発 〓 パイプオルガン大手ドブソン本社が全焼

  13. ボルティモア発 〓 ボルティモア響の芸術顧問に指揮者のジェームズ・コンロン

  14. 訃報 〓 エヴァ・ポドレシ(71)ポーランドのコントラルト歌手

  15. クリーブランド発 〓 クリーブランド管が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。