ベルン発 〓 チェリストのアントニオ・メネセスが進行性の脳腫瘍と診断されたことを明らかに

2024/07/09

国際的に活躍してきたブラジルのチェリスト、アントニオ・メネセス(Antonio Meneses)がソーシャルメディアを通じて声明を発表、6月に多形性膠芽腫という進行性の脳腫瘍と診断されたことを明らかにした。現在はコンサートのスケジュールをすべてキャンセルし、家族や友人たちに囲まれながらスイスの自宅で緩和ケアを受けているという。

ブラジル北東部の港湾都市レシフェ生まれで、リオデジャネイロ育ちの66歳。10歳でチェロを始め、16歳でイタリア人チェロ奏者のアントニオ・ヤニグロと出会い、門下生となって渡欧、デュッセルドルフ、後にシュトゥットガルトでヤニグロに学び、1977年に「ミュンヘン国際音楽コンクール」、1982年には「チャイコフスキー国際コンクール」で優勝。以後、国際的な活躍を続け、著名なオーケストラや指揮者との共演を重ねている。

また、室内楽活動にも積極的で、ピアノのメナヘム・プレスラー、ヴァイオリンのダニエル・ホープと共に伝説的なボザール・トリオの最後のメンバーとして知られる。後進の指導にも熱心で、欧州ではスペインのソフィア王妃高等音楽院やイタリア・シエナのキジアーナ音楽院で指導、2008年からはベルン音楽院で教えているが、声明によれば、それらもすべて辞めて治療に専念しているという。

写真:Alice Rodrigues / Divulgação


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  2. ミラノ発 〓 スカラ座のコンサート、ハーディングの代役になんと、バレンボイム

  3. ゲーラ発 〓 アンテンブルク・ゲーラ市立劇場の音楽総監督にルーベン・ガザリアン

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表

  5. 訃報 〓 永田穂(93)コンサート・ホールの音響設計の世界的パイオニア

  6. ライプツィヒ発 〓 市立歌劇場の次期音楽総監督にクロアチアのイヴァン・レプシッチ

  7. 訃報 〓 アレクサンダー・トラーゼ(69)ジョージア出身のピアニスト

  8. 訃報 〓 大町陽一郎(90)日本の指揮者

  9. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  10. ピッツバーグ発 〓 マンフレート・ホーネックがピッツバーグ響との契約を延長

  11. フィレンツェ発 〓 メータ夫妻がフィレンツェ歌劇場に100万ドル分の「テスラ社」の株式を寄付

  12. ローマ発 〓 イタリア政府、非常事態宣言を4月末まで延長

  13. 東京発 〓 東京交響楽団のコンサートマスターに小林壱成

  14. ロンドン発 〓 BBC Promsは開催を5月末に判断

  15. ミラノ発 〓 ゲルギエフがイタリア国内の資産売却を進めていると、イタリアの有力紙が報道

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。