訃報 〓 フランスの作曲家フランシス・レイ

2018/11/09

フランスの作曲家フランシス・レイ(Francis Lai)=写真左=が亡くなっていたことを、フランスのメディアが7日に報じた。86歳だった。死因などは明らかにされていない。レイは1932年、仏南東部ニースの生まれ。アコーディオン奏者から作曲家に転身、1966年の映画「男と女」の音楽を担当、スキャットを取り込んだ洒脱な音楽で一躍注目を集めた。1968年にはフランス・グルノーブル冬季オリンピックの記録映画「白い恋人たち」の音楽も世界的な大ヒットとなり、1970年には映画「ある愛の詩」の音楽で米国のアカデミー賞作曲賞を受賞した。100以上の映画の音楽、600曲以上の歌を手掛け、エディット・ピアフやイブ・モンタンといったフランスのシャンソン歌手たちにも楽曲を提供。映画音楽ではクロード・ルルーシュ監督=写真右=とコンビを組み、「男と女」、「白い恋人たち」、「パリのめぐり逢い」、「愛と哀しみのボレロ」、「レ・ミゼラブル」などの音楽を手掛けている。

写真:www.francis-lai.com


関連記事

  1. 東京発 〓 新日本フィルが2019/2020シーズン定期演奏会のラインナップを発表

  2. ロンドン発 〓 ラトル&ロンドン交響楽団が若い音楽家のための無料アカデミーを創設

  3. モスクワ発 〓 新ホールの落成ガラ・コンサートをストリーミング配信、指揮はゲルギエフ

  4. トロント発 〓 トロント交響楽団の音楽監督にグスターボ・ヒメノ

  5. キール発 〓 キール歌劇場の音楽総監督にベンジャミン・ライナー

  6. ロンドン発 〓 訃報:バリトンのホフストフスキー死去

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。