訃報 〓 フランスの作曲家フランシス・レイ

2018/11/09

フランスの作曲家フランシス・レイ(Francis Lai)=写真左=が亡くなっていたことを、フランスのメディアが7日に報じた。86歳だった。死因などは明らかにされていない。レイは1932年、仏南東部ニースの生まれ。アコーディオン奏者から作曲家に転身、1966年の映画「男と女」の音楽を担当、スキャットを取り込んだ洒脱な音楽で一躍注目を集めた。1968年にはフランス・グルノーブル冬季オリンピックの記録映画「白い恋人たち」の音楽も世界的な大ヒットとなり、1970年には映画「ある愛の詩」の音楽で米国のアカデミー賞作曲賞を受賞した。100以上の映画の音楽、600曲以上の歌を手掛け、エディット・ピアフやイブ・モンタンといったフランスのシャンソン歌手たちにも楽曲を提供。映画音楽ではクロード・ルルーシュ監督=写真右=とコンビを組み、「男と女」、「白い恋人たち」、「パリのめぐり逢い」、「愛と哀しみのボレロ」、「レ・ミゼラブル」などの音楽を手掛けている。

写真:www.francis-lai.com


関連記事

  1. エルル・チロル音楽祭 〓 グスタフ・クーンの後任の芸術監督決まる

  2. ハンブルク発 〓 難民たちに州立歌劇場が《ナブッコ》のコーラスへの参加呼びかけ

  3. ナポリ発 〓 メータが指揮台に復帰

  4. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールのバイオリン部門はステラ・チェンが優勝

  5. ブダペスト発 〓 復帰進むデュトワが《青ひげ公の城》を指揮

  6. 香港発 〓 イップ・ウィンシーが香港シンフォニエッタを卒業!?

  7. チューリヒ発 〓 ジャナンドレア・ノセダがチューリヒ歌劇場の音楽総監督に

  8. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが2019/2020シーズンのラインナップを発表

  9. リガ発 〓 「オペラ・ヴィジョン」がラトビア国立歌劇場の《さまよえるオランダ人》を配信

  10. ボルティモア発 〓 ボルティモア交響楽団の首席オーボエ奏者が楽団のセクハラ調査をめぐって提訴

  11. オーハイ音楽祭 〓 ソプラノのバーバラ・ハニガンがグラミー賞「ベスト・クラシック・ソロ・アルバム」を獲得

  12. バイロイト音楽祭 〓 来年2019年にアブダビと東京に引っ越し公演

  13. 山形発 〓 阪哲朗が山形交響楽団の常任指揮者に

  14. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管が2019/2020シーズンの公演スケジュールを発表

  15. ニューヨーク発 〓 ワーナー・クラシックスが世界初のベルリオーズ作品全集

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。