ベルリン発 〓 オペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー2021/2022」を発表

2022/09/29

ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト=Opernwelt」が「オブ・ザ・イヤー2021/2022」を発表した。「オブ・ザ・イヤー」は欧米の音楽関係の評論家や記者50名の記名投票で選ばれている。主な受賞者は以下の通り。

[オペラハウス]
 フランクフルト市立オペラ
 =6度目の受賞、プロダクション、合唱団も同時受賞

[歌手]
 ヴェラ=ロッテ・ベッカー(ソプラノ)
 =バイエルン州立オペラのゲオルク・フリードリヒ・ハース《ブルートハウス》のナジャ・アルブレヒト役での歌唱と演技が評価されて

[プロダクション]
 フランクフルト市立オペラのリムスキー=コルサコフ《クリスマス前夜》
 =クリストフ・ロイ演出

[演出家]
 キリル・セレブレンニコフ
 =バイエルン州立オペラのショスタコーヴィチ《鼻》、オランダ国立オペラのウェーバー《魔弾の射手》が評価されて

[初演]
 ベルリン州立オペラのペーテル・エトヴェシュ《スリープレス》
 チューリッヒ歌劇場のステファン・ワース《真珠の耳飾りの少女》

[再発見]
 ギロー、デュカス、サン=サーンス《フレデゴンド》
 =ドルトムント市立オペラによる上演
 カロル・ラートハウス《異国の大地》
 =オスナブリュック市立オペラによる上演

[オーケストラ]
 バイエルン州立歌劇場管弦楽団
 =10回目の受賞、連続8年の受賞

[合唱]
 フランクフルト市立歌劇場合唱団
 =ダッラピッコラ《ウリッセ》が評価されて

[指揮者]
 キリル・ペトレンコ
 =バーデン=バーデン音楽祭で上演されたチャイコフスキー《スペードの女王》が評価されて

写真:Oper Frankfurt / Monika Rittershaus


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭も開催を中止

  2. ミュンヘン発 〓 新しいホール建設に州政府がゴーサイン

  3. フランクフルト発 〓 hr響が首席指揮者のアラン・アルティノグリュとの契約を延長

  4. 東京発 〓 新国立劇場がオペラの芸術監督の大野和士との契約を延長

  5. マドリード発 〓 スペインがドミンゴ排除 !?

  6. ベルガモ発 〓 ドニゼッティ・オペラ・フェスティバルがネット上で特別ガラ・コンサート、投稿でドレスアップ度コンテストも

  7. ロンドン発 〓 「オペラ・アワーズ」2021を発表

  8. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がアイーダ・ガリフッリーナの出演をキャンセル

  9. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウがリベンジへ、来年5月に「マーラー・フェスティバル」

  10. リヨン発 〓 リヨン国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ハノーファー発 〓 州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》を1月20日からストリーミング配信

  12. ミラノ発 〓 スカラ座も閉鎖、新型コロナウイルスの感染拡大で

  13. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が5月の「マーラー・フェスティバル」を2023年に延期

  14. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭はプログラムを組み直して開催を模索

  15. ザルツブルク音楽祭 〓 ハンガリーのガボール・カリ、第9回「ネスレ&ザルツブルク音楽祭青年指揮者コンクール」で優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。