ニュルンベルク発 〓 州立劇場がヨアナ・マルヴィッツに史上初の「名誉指揮者」の称号

2024/04/22

ニュルンベルク州立劇場(Staatstheater Nürnberg)が4月21日、昨年まで5年間音楽総監督を務めていたドイツの指揮者ヨアナ・マルヴィッツ(Joana Mallwitz)に対し、「卓越した業績と功績」を認め、100年以上の歴史の中で初の「名誉指揮者」の称号を贈った。

マルヴィッツはヒルデスハイム生まれの38歳。2014年にエアフルト市立劇場の音楽総監督に就任、ヨーロッパで最年少の女性音楽総監督として話題をさらった。2018年にはニュルンベルクに移り、劇場史上初の女性音楽総監督に就任。2019年、ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト=Opernwelt」誌で「今年の指揮者」に選ばれている。

昨年2023年、「ドイツ・グラモフォン」レーベルと録音契約。ミルガ・グラジニーテ=ティーラに次いで、老舗レーベルと専属契約した二人目の女性の指揮者となった。2025年にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にデビューすることが決まっている。

ニュルンベルク退任後、2023/2024シーズンからは、コンツェルトハウス管弦楽団の首席指揮者兼芸術監督を務めており、ベルリンの主要オーケストラを率いる初の女性指揮者となった。9月にはドイツ連邦共和国功労勲章を受章している。

劇場は在職中の活動、活躍に加え、青少年オーケストラを創設したことも評価。劇場の芸術監督を務める演出家のイェンス=ダニエル・ヘルツォークは「困難な状況や誰もが努力しなければならない状況でも、人々を巻き込むことができるという、あまり一般的ではない才能」を持っていると賛辞を贈っている。

写真:Staatstheater Nürnberg / Thomas Heinold


関連記事

  1. バーゼル発 〓 バーゼル・シンフォニエッタの次期首席指揮者にティトゥス・エンゲル

  2. テルアビブ発 〓 イスラエル室内管が首席指揮者兼芸術監督にアルメニア出身の指揮者ルーベン・ガザリアン

  3. ロンドン発 〓 エンシェント室内管の音楽監督にローレンス・カミングス

  4. アムステルダム発 〓 ロレンツォ・ヴィオッティがオランダ国立オペラ、オランダ・フィルの首席指揮者を退任

  5. 香港発 〓 コンサートホールなどまた閉鎖、新型コロナウイルスの感染再拡大で

  6. カルガリー発 〓 第10回「ホーネンス国際ピアノ・コンクール」の覇者はウクライナ出身のイリヤ・オフチャレンコ

  7. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  8. ポズナン発 〓 ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールは2022年にスライド

  9. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスで第3回「オーパス・クラシック」の授賞式

  10. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新制作の《イェヌーファ》をライブ・ストリーミング

  11. ウィーン発 〓 シェーンブルン宮殿のサマー・ナイト・コンサートを9月に延期、ウィーン・フィル

  12. ドレスデン発 〓 ドレスデン・シュターツカペレが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  13. 訃報 〓 ノルベルト・バラチュ(92)オーストリアの合唱指揮者

  14. クリーブランド発 〓 オーストリアの実業家がマーラーの交響曲第2番《復活》の自筆譜をクリーブランド管に寄贈

  15. ボストン発 〓 タングルウッド音楽祭も開催中止を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。