ウィーン発 〓 国立歌劇場、12月13日に《ドン・カルロ》で再開場

2021/12/08

新型コロナの感染再拡大による11月22日からのロックダウン(都市封鎖)で閉鎖されていたウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が12月13日から再開場すると発表した。

上演するのはヴェルディ《ドン・カルロ》。指揮者のロベルト・アバド、アスミク・グリゴリアンはともに体調不良のため、フィリップ・ジョルダン、マリア・ホセ・シーリに交代する。

写真:Wiener Staatsoper / Michael Poehn


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 台北発 〓 準・メルクルが台湾の国家交響楽団の芸術顧問に

  2. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーの次期音楽監督に指揮者のオメール・メイア・ヴェルバー

  3. ミュンヘン発 〓 ワーグナーの曽孫エヴァ・ワーグナー=パスキエ、イザール川で仮死状況で発見されるも昏睡状態

  4. マンハイム発 〓 マンハイム国民劇場が新制作の《さまよえるオランダ人》をストリーミング配信

  5. ラヴェンナ発 〓 イタリアで劇場閉鎖相次ぐ

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2022年の「オーパンバル」開催を憂慮、新型コロナウイルスの感染再拡大受けて

  7. ヴィリニュス発 〓 リトアニア国立オペラ・バレエ閉鎖へ、総監督の新型コロナ感染で

  8. フィラデルフィア発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがフィラデルフィア管の首席客演指揮者に

  9. 台北発 〓 インバルが台北市立響と契約更改、2025年まで任期を延長

  10. ザルツブルグ復活祭音楽祭 〓 2023年から毎年違う指揮者とオーケストラで

  11. ブラティスラヴァ発 〓 ミハイル・プレトニョフが新しいオーケストラを創設、ロシア・ナショナル管の音楽監督を当局が解任?

  12. バート・イシュル発 〓 レハール音楽祭は作曲者の生誕150年祝えず

  13. リヨン発 〓 ニコライ・シェプス=ズナイダーが音楽監督を務めるリヨン国立管との契約を延長

  14. サンティアゴ・デ・コンポステーラ発 〓 2022年12月をもって、ポール・ダニエルがスペインのガリシア王立フィルの芸術監督を退任

  15. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルがラハフ・シャニとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。