フィレンツェ発 〓 ジェームズ・レヴァインの現場復帰がお預けに

2021/01/06

フィレンツェ歌劇場がジェームズ・レヴァイン(James Levine)が指揮する予定だったコンサートの延期を発表した。イタリア政府の新型コロナウイルス感染抑制措置を受けて。メトロポリタン歌劇場を解雇されたレヴァインにとって、現場復帰の場となるはずだった。

レヴァインは今回、11日、13日、16日にベルリオーズの《ファウストの劫罰》、17日にブラームスの《ドイツ・レクイエム》、21日にモーツァルトの交響曲39番、40番、41番を指揮することになっていた。この後、6月には、ローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の指揮台に立つことも決まっている。

レヴァインは現在、77歳。1970年代から40年間にわたってメトロポリタン歌劇場の音楽監督・芸術監督を務めたが、過去の男性音楽家に対するセクハラ行為から2018年3月に解雇された。一時は解雇をめぐって歌劇場と訴訟合戦になったが、裁判開始前の2019年8月に和解が成立している。

写真:Teatro del Maggio Musicale Fiorentino


関連記事

  1. ストラスブール発 〓 初演200年を迎えた《第九》を、「Arte」が4都市4オーケストラの映像を繋いで放送

  2. ベルリン発 〓 バレンボイムが当面の演奏活動の休止を発表

  3. ベルファスト発 〓 ダニエレ・ルスティオーニが任期満了でアルスター管の首席指揮者を退任

  4. ベルリン発 〓 ティーレマンがベルリン州立オペラの音楽総監督に、バレンボイムの後任

  5. プラハ発 〓 チェコ・フィルが聴衆なしのコンサートをストリーミング配信

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団の本拠地となる新たなホール建設へ

  7. ローマ発 〓 フィレンツェ歌劇場の総裁に就任したばかりのカルロ・フォルテスに対し、労働安全規則違反で16カ月の実刑判決

  8. ローマ発 〓 イタリア全土で劇場また閉鎖

  9. ミラノ発 〓 スカラ座が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月に米国ツアー、海外ツアーは4年ぶり

  11. ヘルシンキ発 〓 フィンランド国立オペラ・バレエが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ウィーン発 〓 オーストリア音楽劇場賞の受賞式が市庁舎で

  13. ミュンヘン発 〓 作曲家ワーグナーの曾孫、エヴァ・ワグナー・パスキエが退院

  14. ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェル発 〓 ブランデンブルク響の首席指揮者にオリヴィエ・タルディ

  15. ハンブルク発 〓 ハンブルク・バレエ団がマカオ公演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。