訃報 〓 リン・ハレル(76)米国のチェロ奏者

2020/04/29
【最終更新日】2023/02/16

米国のチェロ奏者、リン・ハレル(Lynn Harrell)が27日に亡くなった。76歳だった。ヴァイオリニストの妻がソーシャルメディアで明らかにしたが、死因は明らかにされていない。

クリーブランド管弦楽団の首席チェロ奏者を経て、世界的な活動を展開。ヴァイオリンのイツァーク・パールマン、ピアノのウラディミール・アシュケナージと共演した三重奏でグラミー賞を二度受賞している。

1944年、ニューヨークの生まれ。父親はメトロポリタン歌劇場のメンバーだったバリトン歌手、母親はヴァイオリニスト。ジュリアード音楽院でレナード・ローズ、カーティス音楽院でオーランド・コールに学んだ。

10代で父母を相次いで失い、18歳で父を知る指揮者のジョージ・セル(George Szell)に招かれてクリーブランド管に入団。カーネギー・ホールでソロ・デビューした1964年に首席奏者となり、1971年まで在籍した。1994年にはバチカンに招かれ、ホロコーストによるユダヤ人犠牲者のためのコンサートでブルッフの「コル・ニドライ」を演奏している。

演奏活動のかたわら後進の指導にも尽力。ロンドンの王立音楽院の学長をはじめ(1993-1995)、ジュリアード音楽院、クリーブランド音楽院、南カリフォルニア大学、ライス大学といった教育機関に加え、父親と縁の深いアスペン音楽祭、スイスのヴェルビエ音楽祭などでも多くの学生を指導した。

当初は1720年製のモンタニャーナを使ってきたが、ジャクリーン・デュ・プレが使用していた1673年製のストラディバリウスを購入して一時期使っていた。

写真:Lynn Harrell / The Colburn Music Academy





関連記事

  1. リーズ発 〓 リーズ国際ピアノ・コンクールはブラッドフォードで開催

  2. アムステルダム発 〓 イヴァン・フィッシャーがロイヤル・コンセルトヘボウ管の名誉指揮者に

  3. 東京発 〓 新国立劇場が4月10日からストリーミング配信を開始

  4. トリノ発 〓 リッカルド・ムーティがストリーミングのための《コジ・ファン・トゥッテ》を指揮してトリノ歌劇場にデビュー

  5. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが公演再開、内田光子も登場

  6. デュッセルドルフ発 〓 アクセル・コーバーが任期満了の2024年夏でライン・ドイツ・オペラの音楽総監督を退任

  7. 訃報 〓 イヴァン・モズゴヴェンコ(97)ロシアのクラリネット奏者

  8. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウも5月に予定していた「マーラー・フェスティバル」の中止を発表、コロナ禍で2年連続の中止

  9. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルも入場時のワクチン接種証明の提示、マスク着用義務付け。シカゴも追随

  10. ボゴタ発 〓 ボゴタ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督にスウェーデンのヨアキム・グスタフソン

  11. パリ発 〓 国立オペラにまたストライキの嵐、《オイディプス王》の公演はコンサート形式による上演に変更

  12. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルに初の中国人メンバー、ヴィオラの首席奏者に梅第揚

  13. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ダブリン発 〓 RTÉ国立交響楽団が首席指揮者にスペイン出身のハイメ・マルティーン

  15. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2025年から新制作の「リング・チクルス」を上演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。