訃報 〓 ラルス・フォークト(51)ドイツのピアニスト

2022/09/06
【最終更新日】2023/02/05

ドイツのピアニスト、ラルス・フォークト(Lars Vogt)が5日、がんで亡くなった。51歳だった。2021年3月にがんが見つかって以来、闘病生活を続けていた。3週間前にはがんの治療と演奏活動についてメディアの取材に応えていた。

1970年、ドイツ・デューレンの生まれ。1990年の「リーズ国際ピアノ・コンクール」で第2位を獲得したが、審査員を務めた指揮者のサイモン・ラトルが彼の第1位を主張したこともあって話題を集めた。その後、主要オーケストラとの共演に加え、ソロや室内楽で旺盛な活動を展開。時代考証を踏まえた新鮮な解釈を確かなテクニックが支える演奏スタイルで高い評価を得てきた。

また、1998年にはケルンに近いハイムバッハにあるアール・ヌーボー様式の水力発電所を使った室内楽の音楽祭「シュパヌンゲン」を創設した。2003/2004年のシーズンには、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団初の「ピアニスト・イン・レジデンス」に任命されている。2015年には英国のロイヤル・ノーザン・シンフォニアの、2020年にはパリ室内管弦楽団の音楽監督に就任、活動の場を広めていた。

一方で、音楽教育にも情熱を注ぎ、2005年にはドイツやオーストリアの子どもたちのところに一流の音楽家たちを派遣する教育プログラム「ラプソディ・イン・スクール」を創設。2013年には、師であるカール=ハインツ・ケマーリングの後任として、ハノーファー音楽大学のピアノ科の教授に就任して後進の指導に当たっていた。

写真:Giorgia Bertazzi


  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  2. ベルリン発 〓 ウラディーミル・ユロフスキがベルリン放送響の演奏会でウクライナ国歌を演奏、連帯のメッセージ送る

  3. バーデン=バーデン発 〓 復活祭音楽祭、2025年のオペラは《蝶々夫人》

  4. パリ発 〓 パリ国立オペラのバレエ団の次期芸術監督にジョゼ・マルティネス

  5. ベネチア発 〓 高潮で開幕公演のリハーサル中止、フェニーチェ劇場

  6. ドレスデン発 〓 指揮者のヤノフスキがドレスデン・フィルとの契約を延長

  7. 大津発 〓 びわ湖ホールが《神々の黄昏》を無観客公演に、同時に無料ストリーミング配信

  8. 台北発 〓 ニューヨーク・フィルが初夏にズヴェーデンと台湾、中国ツアー

  9. 訃報 〓 ドミトリー・バシキーロフ(89)ロシアのピアニスト

  10. ストックホルム発 〓 2018年の「ビルギット・ニルソン賞」はシュテンメに

  11. フォートワース発 〓 韓国のイム・ユンチャンが第16回「ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で史上最年少優勝

  12. パリ発 〓 ポリーニの復帰は6月以降?

  13. バルセロナ発 〓 ロメア劇場が新しいロッシーニ・フェスティバル

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場、12月13日に《ドン・カルロ》で再開場

  15. ヴェネチア発 〓 フェニーチェ劇場が新しいストリーミング配信のスケジュール

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。