訃報 〓 アリベルト・ライマン(88)ドイツの作曲家

2024/03/15

ドイツの作曲家アリベルト・ライマン(Aribert Reimann)が3月13日、ベルリンで亡くなった。88歳だった。シェイクスピアの『リア王』やカフカの『城』を題材にしたオペラで知られ、戦後のドイツ作曲界をリードしてきた一人。

ベルリン生まれで、合唱指揮者の父、オラトリオ歌手の母という家庭に育ち、ベルリン芸術大学でボリス・ブラッハーらに師事した。作曲、対位法、ピアノを学び、1959年にギュンター・グラスの台本によるバレエ作品などが初期の作品として知られる。

その後、ベルリン・ドイツ・オペラでコレペティトールを務めながら、バリトン歌手のディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの伴奏者として知られるようになり、1970年代初頭にベルリン芸術アカデミーのメンバーに。1978年にはフィッシャー=ディースカウの提案にのって《リア王》を発表して一躍その名を知られるようになった。

その後、1983年から1998年にかけて母校で現代歌曲の教授を務め、1992年にはカフカの『城』を題材にしたオペラを発表。2010年には、ウィーン国立歌劇場の委嘱作品として、ギリシャ悲劇として名高い『王女メディア』の物語を題材にしたオーストリアの劇作家フランツ・グリルパルツァーの三部劇詩『金羊皮』第3部「メデア」を原作とした作品が上演されて話題をさらった。

ベルリン州功労勲章(1988年)、連邦功労十字章(1995年)、エルンスト・フォン・ジーメンス音楽賞(2011年)、ライフワークに対するドイツ演劇賞「ファウスト」(2018年)など受賞歴多数。

写真:Gaby Gerster


関連記事

  1. ハンブルグ発 〓 ハンブルグ市がメルケル首相をテーマにしたオペラを制作

  2. マンハイム発 〓 マンハイム国民劇場が新制作の《さまよえるオランダ人》をストリーミング配信

  3. 訃報 〓 ズデニェク・マカール(87)チェコ出身の指揮者

  4. ベルリン発 〓 指揮者サイモン・ラトルにドイツ連邦政府最高位の勲章

  5. ボン発 〓 ベートーヴェン・フェスティバルが2021年のスケジュールを発表

  6. ベルリン発 〓 ウラディーミル・ユロフスキがベルリン放送交響楽団との契約を延長

  7. ニュルンベルク発 〓 ニュルンベルク響の次期首席指揮者にジョナサン・ダーリントン

  8. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2022年にワーグナー音楽祭、13の歌劇と楽劇を集中上演

  9. バーデン=バーデン発 〓 来年の復活祭音楽祭のオペラはチャイコフスキー《マゼッパ》

  10. 訃報 〓 ヘルムート・シュテルン(91)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元第1ヴァイオリン首席奏者

  11. ベルリン発 〓 メルケル政権、コンサートなどのイベントは8月末まで禁止

  12. ベルリン発 〓 オペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー2020」を発表

  13. ミュンヘン発 〓 アレックス・エスポージトに「宮廷歌手」の称号

  14. ベルリン発 〓 バレンボイム入院長引き、5月のウェスト=イースタン・ディヴァン管のツアーの指揮をキャンセル

  15. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。