訃報 〓 ロバート・ヘイル(90)米国のバス・バリトン歌手

2023/08/29

米国のバス・バリトン歌手ロバート・ヘイル(Robert Hale)が亡くなった。90歳だった。ワーグナーやリヒャルト・シュトラウスの作品をレパートリーの核にしながら、著名な歌劇場、音楽祭で国際的な活躍を展開。パワーで押し切るスタイルを避け、豊かな表現力を駆使、柔らかな表情を持ち味にオペラ・ファンの人気を集めた。

テキサス州カービルの出身で、ボストン大学とニューイングランド音楽院で学んだ。その後、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場のナショナル・カウンシルのオーディションで優勝している。オペラ・デビューは1967年で、ニューヨーク・シティ・オペラで《ラ・ボエーム》のコッリーネを歌っている。以後、ニューヨーク・シティ・オペラに10年間在籍、放送録音にも数多く参加した。

その後、国際的な舞台での活躍が続き、《ニーベルングの指環》のヴォータン/放浪者、《さまよえるオランダ人》のタイトルロール、《トスカ》のスカルピア、《サロメ》のヨカナーンなどを得意とした。また、後年になって、夫人でソプラノ歌手のジュリー・デイヴィスとのデュオ・コンサートで人気を博した。

録音にも数多く参加。ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮の《ニーベルングの指環》の録音をはじめ、クリストフ・フォン・ドホナーニ指揮の《さまよえるオランダ人》、ジョン・エリオット・ガーディナーとの《メサイア》やジュゼッペ・シノーポリ指揮のヴェルディのレクイエムなど、巨匠たちとの録音も多い。

写真:Metropolitan Opera





関連記事

  1. ヒューストン発 〓 ヒューストン・グランド・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  2. サンフランシスコ発 〓 カーテンコールでプロポーズ、結果は大成功!

  3. 訃報 〓 ルース・ファルコン(77)アメリカのソプラノ歌手

  4. サンフランシスコ発 〓 カリフォルニア州で再度のロックダウン、サンフランシスコ・オペラはドライブインシアター 「トスカ」を延期

  5. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がアイーダ・ガリフッリーナの出演をキャンセル

  6. クリーブランド発 〓 オーストリアの実業家がマーラーの交響曲第2番《復活》の自筆譜をクリーブランド管に寄贈

  7. ロサンゼルス発 〓 2021年の「ゴールデングローブ賞」のノミネート作出揃う

  8. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの活動再開は2021年1月

  9. 訃報 〓 フジコ・ヘミング(92)スウェーデン・日本のピアニスト

  10. ニューヨーク発 〓 ウクライナ人演奏家集めた「フリーダム・オーケストラ」が欧米をツアー

  11. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールもワクチン接種証明の提示が必要

  12. ニューヨーク発 〓 リンカーン・センターがこの夏で「モーストリー・モーツァルト・フェスティバル」を終了

  13. 訃報 〓 マルチェッラ・レアーレ(84)米国のソプラノ歌手

  14. 訃報 〓 ビリー・ゴールデンバーグ(84)米国の作曲家

  15. クーパースタウン発 〓 グリマーグラス・フェスティバル、夏の音楽祭に向けて屋外ステージを建設

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。