リューベック発 〓 市立劇場が音楽総監督シュテファン・ヴラダーとの契約を延長

2021/10/01

ドイツ・リューベック市立劇場が音楽総監督(GMD)を務めるシュテファン・ヴラダー(Stefan Vladar)との契約を延長した。ヴラダーは2019/2020シーズンからその任にあり、契約更改で任期は2026/2027シーズン終了まで延びる。

ヴラダーはウィーン生まれの56歳。6歳からピアノを始め、ウィーン国立音楽演劇大学に進み、18歳でウィーン楽友協会にデビューした。1985年にウィーンで行われた第7回「ベートーヴェン国際ピアノコンクール」で、オーストリア人として初めて優勝。1999年に母校の教授を務める一方、指揮者としての活動も本格化させ、2008年から2018年まではウィーン室内管弦楽団の首席指揮者も務めている。

リューベックはバルト海に面し、中世からハンザ同盟の都市として繁栄した古都。劇場の音楽総監督はリューベック市の音楽総監督も兼務しており、かつてはヘルマン・アーベントロート、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、クリストフ・フォン・ドホナーニがその任にあった。2013年から2017年までは沼尻竜典が務めていた。

写真:Ben Marden


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. シュヴェリーン発 〓 メクレンブルク州立劇場、コーミッシェ・オーパーもシーズン終了

  2. 高雄発 〓 台湾の衛武営国立芸術文化センターが《椿姫》を上演

  3. 訃報 〓 オトマール・ボルヴィツキー, ドイツのチェロ奏者、ベルリン・フィルの元首席奏者

  4. 訃報 〓 ハロルド・バッド, 米国の作曲家・ピアニスト

  5. 浜松発 〓 浜松国際ピアノコンクールが第11回コンクールの開催概要を発表

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第5週・4月第1週のストリーミング配信ラインナップを発表

  7. アトランタ発 〓 アトランタ・オペラ衣装部がマスク製作に奮戦

  8. リエージュ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチが喉の手術で休養

  9. ノボシビルスク発 〓 トーマス・ザンデルリングがノボシビルスク・フィルを辞任、ロシアのウクライナ侵略で

  10. デュッセルドルフ発 〓 アルペシュ・チャウハンがデュッセルドルフ交響楽団の首席客演指揮者に

  11. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第10週のラインナップ発表

  12. クレルモン=フェラン発 〓 フランス国立オーベルニュ管弦楽団の次期音楽監督にトマス・ツェートマイアー

  13. ハンブルク発 〓 新しい「アルゲリッチ音楽祭」でデュトワはドイツに復帰

  14. ペーネミュンデ発 〓 ニューヨーク・フィルが新型コロナの世界的流行以来初の海外公演、ドイツ・ウーゼドム音楽祭に客演

  15. 福岡発 〓 九州交響楽団が音楽監督の小泉和裕との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。