ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が新シーズン、2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

2024/02/22
【最終更新日】2024/02/23

ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera)が新シーズン、2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作は以下の6作品で、うち4作品が現代物というラインナップで、古典作品はヴェルディ《アイーダ》とリヒャルト・シュトラウス《サロメ》の2作品のみ。一方、再演は12作品が予定されている。

新制作は6作品となっているが、《サロメ》はモスクワのボリショイ劇場との共同制作で、2021年に初演されたプロダクション。また、現代物も、開幕を飾る《グラウンデッド》以下、どれも米国内のオペラハウスで上演されているもの。《グラウンデッド》は昨年ワシントンで、《アイナダマール》も昨年デトロイトで、《アンソニーとクレオパトラ》は2022年にサンフランシスコで、《白鯨》は2010年にダラスで、それぞれ初演されている。その意味では、本当の新制作は、マイケル・メイヤーが新演出を手掛ける《アイーダ》のみ。


ジャニーン・テソリ《グラウンデッド》
9月23日ー10月19日
[演出]マイケル・メイヤー
[指揮]ヤニック・ネゼ=セガン / スティーブン・オスグッド
[出演]エミリー・ダンジェロ / カイル・ミラー / キルステン・マッキノン / ベン・ブリス

オスバルド・ゴリホフ《アイナダマール》
10月15日ー11月9日
[演出]デボラ・コルカー
[指揮]ミゲル・ハース=ベドーヤ
[出演]ダニエラ・マック / エンジェル・ブルー / ガブリエラ・レイエス / エレーナ・ビリャロン

ヴェルディ《アイーダ》
11月31日ー2025年1月25日・3月14日ー5月9日
[演出]マイケル・メイヤー
[指揮]ヤニック・ネゼ=セガン / アレクサンダー・ソディ / ジョン・キーナン
[出演]エンジェル・ブルー / ユディット・クタージ / ピョートル・ベチャワ / クイン・ケルシー / ディミトリ・ベロセルスキー / モリス・ロビンソン // クリスティーナ・ニルソン / エリーナ・ガランチャ / ブライアン・ジャッジ / エリック・オーエンス / マイケル・チョルディ / アマルトゥブシン・エンクバット / アレクサンドル・ヴィノグラードフ / クシシュトフ・ボンチク

ジェイク・ヘギー《白鯨》
2025年3月3日ー3月29日
[演出]レオナード・フォグリア
[指揮]カレン・カメンセク
[出演]ジャナイ・ブルーガー / ブランドン・ジョヴァノヴィッチ / スティーヴン・ コステロ / ペーテル・マッテイ / ウィリアム・バーデン / マルコム・マッケンジー / ライアン・スピード・グリーン

リヒャルト・シュトラウス《サロメ》
4月29日ー5月24日
[演出]クラウス・グート
[指揮]ヤニック・ネゼ=セガン / デリック・イノウエ
[出演]エルザ・ファン・デン・ヘーヴァー / ミシェル・デヤング / チャド・シェルトン / ピオトル・ブシェフスキ / ペーテル・マッテイ

ジョン・アダムス《アンソニーとクレオパトラ》
5月12日ー6月7日
[演出]エルカナ・ピューリッツァー
[指揮]ジョン・アダムズ
[出演]ジェラルド・フィンリー / エリザベス・デション / テイラー・レイヴン / ブレントン・ライアン / ジュリア・ブロック / ポール・アップルビー / アルフレッド・ウォーカー


写真:Metropolitan Opera / Jonathan Tichler


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ティラナ発 〓 ソプラノのエルモネラ・ヤオが母国アルバニアの子どもの権利擁護団体の大使に

  2. ニューヨーク発 〓 アンジェラ・ゲオルギュー、新型コロナ陽性で8年ぶりのメトロポリタン歌劇場復帰ならず

  3. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  4. ベルリン発 〓 レコード賞「オーパス・クラシック」の年度賞発表、バッティストーニ &東京フィル、宮田大の録音も授賞

  5. 訃報 〓 ハロルド・バッド(84)米国の作曲家、ピアニスト

  6. トリノ発 〓 リッカルド・ムーティがストリーミングのための《コジ・ファン・トゥッテ》を指揮してトリノ歌劇場にデビュー

  7. サリー発 〓 英国のグランジ・パーク・オペラが音楽祭の開催を断念、夏の音楽祭で初

  8. ルツェルン発 〓 延期されていたアンドラーシュ・シフのコンサートの中止決定、新型コロナウイルスの感染拡大止まず

  9. ラヴェンナ発 〓 イタリアで劇場閉鎖相次ぐ

  10. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウが5月いっぱい閉鎖、「マーラー音楽祭」もお流れ

  11. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場の《リゴレット》でレオ・ヌッチが降板、代役にルカ・サルシ

  12. 東京発 〓 指揮者の小林研一郎にハンガリーの最高位の勲章「大十字功労章」

  13. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラの次期音楽監督にポーランドの指揮者マルタ・ガルドリンスカ

  14. ロサンゼルス発 〓 ルドウィグ・ゴランソンが映画『オッペンハイマー』の音楽で2度目の作曲賞

  15. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード」を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。