リーズ発 〓 リーズ国際ピアノ・コンクールが「ブラインド審査」導入へ

2024/02/07

2024年に開催が予定されている英国の「リーズ国際ピアノ・コンクール=Leeds International Piano Competition」が新ルールの導入を発表した。発表によると、「ブラインド審査」が導入され、演奏者の姿を見ることができないようなスタイルで審査が行われるようになるという。

コンクールは2020年末に死去したファニー・ウォーターマンらによって1961年に創設。1963年に第1回を開催してから、3年に一度のペースで行われ、これまでラドゥ・ルプー、マレイ・ペライア、アンドラーシュ・シフ、内田光子、小川典子、ラルス・フォークトといったピアニストを輩出している。

2024年コンクールは、これまで使用してきたリーズ市内のタウン・ホールが大規模な改修工事に入るため、西へ15キロほどにある工業都市で、2025年の英国文化都市ブラッドフォードのセント・ジョージズ・ホールでの開催。9月開催で、出場者65名が先週、発表された。

オーディションなどでは既に広く普及している「ブラインド審査」の導入に当たり、コンクールは、人種、性別、衣装、立ち居振る舞いなどが審査員に影響を及ぼすことを避けるためとしており、過去20回のコンクールで女性が優勝したのが2回という歴史にも触れている。

写真:Leeds International Piano Competition / Simon Wilkinson Photography


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロサンゼルス発 〓 第63回「グラミー賞」発表

  2. 横浜発 〓 神奈川フィルが創立50周年

  3. ウィーン発 〓 オーストリア政府がワクチン接種を受けていない人を対象に外出制限措置

  4. ロンドン発 〓 BBCプロムス最終日の「ルール・ブリタニア」などの歌詞なし演奏めぐり論争勃発

  5. モスクワ発 〓 音楽大手「ユニバーサル・ミュージック」がロシアから撤退

  6. 大阪発 〓 久石譲が日本センチュリー交響楽団の首席客演指揮者に

  7. ベルリン発 〓 州立オペラの次期インテンダントにオーストリアの女流演出家エリザベート・ソボトカ

  8. ベルガモ発 〓 ドミンゴがバリトンの新しい役に挑戦

  9. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響の次期首席指揮者に山田和樹、アーティスティック・アドバイザーも兼任

  10. 訃報 〓 イーゴリ・オイストラフ(90)ウクライナのヴァイオリニスト

  11. ロングボロー・フェスティバル・オペラ 〓 2021年上演の《ワルキューレ》をストリーミング配信

  12. ラヴェンナ発 〓 イタリアで劇場閉鎖相次ぐ

  13. 訃報 〓 ペーター・スヴェンソン(57)ドイツのテノール歌手

  14. ハンブルク発 〓 新制作《後宮からの逃走》で演出家が交代、ハンブルク州立オペラ

  15. フランクフルト発 〓 メゾ・ソプラノのクラウディア・マーンケにフランクフルト市から「宮廷歌手」の称号

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。