ドレスデン発 〓 聖十字架合唱団の第29代「クロイツカントル」にマーティン・レーマン

2021/07/28
【最終更新日】2022/01/10

ドレスデンの聖十字架合唱団(Dresdner Kreuzchor)の第29代「クロイツカントル」がマーティン・レーマン(Martin Lehmann)に決まった。任期は2022年8月からで、ロデリヒ・クライレ(Roderich Kreile)の後任。クライレは在任26年になるという。

聖十字架合唱団はドレスデンの聖十字架教会を拠点とする少年合唱団で、その歴史は13世紀にまで遡る。原則として、9歳から19歳までの最大150人の少年で構成され、その指揮者は「クロイツカントル=Kreuzkantor」と呼ばれている。

レーマンはドレスデン生まれの47歳で、2012年からヴィンツバッハ少年合唱団(Windsbacher Knabenchor)を率いている。「クロイツカントル」には37件の応募があり、面接に進んだ7人の中からレーマンが捜査委員会の全会一致で選ばれたという。

写真:Dresdner Kreuzchor / Claudia Jacquemin


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ドレスデン発 〓 ドレスデン音楽祭も開催断念を発表

  2. オルデンブルク発 〓 州立劇場が音楽総監督ヘンドリク・ヴェストマンの退任発表、任期満了の2024/2025シーズンをもって

  3. 訃報 〓 カミル・マリネスク(55)ルーマニアの指揮者

  4. ウィーン発 〓 演出家のマルティン・クシェイがブルク劇場の芸術監督を退任

  5. 訃報 〓 カミラ・ウィックス(92)米国のヴァイオリン奏者

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場が約50ぶりの新制作となる《ニュルンベルクのマイスタージンガー》をライブ・ストリーミング

  7. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が6月の《イル・トロヴァトーレ》の野外公演のストリーミングを開始

  8. 東京発 〓 シュターツカペレ・ベルリンの日本ツアーで指揮者交代、バレンボイムの代役にティーレマン

  9. ボストン発 〓 ボストン響が東アジア・ツアーを中止

  10. リューベック発 〓 フルートのカラパノスに今年の「レナード・バーンスタイン賞」、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭

  11. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ5月音楽祭も中止

  12. レーゲンスブルク発 〓 市立劇場の座付きオーケストラ、レーゲンスブルク・フィルハーモニックの次期音楽総監督兼首席指揮者にステファン・ヴェセルカ

  13. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  14. 台北発 〓 インバルが台北市立響と契約更改、2025年まで任期を延長

  15. ソウル発 〓 韓国響の次期芸術監督にベルギーの指揮者デイヴィッド・レイランド

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。