ドレスデン発 〓 聖十字架合唱団の第29代「クロイツカントル」にマーティン・レーマン

2021/07/28
【最終更新日】2022/01/10

ドレスデンの聖十字架合唱団(Dresdner Kreuzchor)の第29代「クロイツカントル」がマーティン・レーマン(Martin Lehmann)に決まった。任期は2022年8月からで、ロデリヒ・クライレ(Roderich Kreile)の後任。クライレは在任26年になるという。

聖十字架合唱団はドレスデンの聖十字架教会を拠点とする少年合唱団で、その歴史は13世紀にまで遡る。原則として、9歳から19歳までの最大150人の少年で構成され、その指揮者は「クロイツカントル=Kreuzkantor」と呼ばれている。

レーマンはドレスデン生まれの47歳で、2012年からヴィンツバッハ少年合唱団(Windsbacher Knabenchor)を率いている。「クロイツカントル」には37件の応募があり、面接に進んだ7人の中からレーマンが捜査委員会の全会一致で選ばれたという。

写真:Dresdner Kreuzchor / Claudia Jacquemin


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ケルン発 〓 ケルン放送管の首席指揮者にフランク・ストローベル

  2. ミラノ発 〓 12月7日のシーズン開幕は無観客でスペシャル・ガラ・コンサート

  3. ワルシャワ発 〓 第18回ショパン国際ピアノ・コンクールの予備予選終了、日本からは14人が本大会へ

  4. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  5. バルセロナ発 〓 スペインのカダケス管が活動を停止

  6. ライプツィヒ発 〓 バッハ音楽祭が開催断念を発表

  7. ギュータースロー発 〓 若手歌手のための国際コンクール「新しい声」が終了

  8. カルガリー発 〓 カルガリー・フィルも楽団員84人全員を一時解雇

  9. 訃報 〓 ドミトリー・バシキーロフ, ロシアのピアニスト

  10. マドリード発 〓 マルゼナ・ディアクンが来シーズンからマドリード州立管の芸術監督に

  11. ラヴェンナ発 〓 ムーティ、肺炎でダウン

  12. 訃報 〓 ジャンナ・ロランディ, アメリカのソプラノ歌手

  13. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新製作の《サロメ》をライブ・ストリーミング

  14. マドリード発 〓 テアトロ・レアルの次期音楽監督にグスターボ・ヒメノ

  15. プロヴディフ発 〓 ソプラノのソーニャ・ヨンチェヴァに名誉市民の称号

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。