訃報 〓 メナヘム・プレスラー(99)米国のピアニスト

2023/05/07
【最終更新日】2023/05/08

米国のピアニスト、メナヘム・プレスラー(Menahem Pressler)が5月6日、ロンドンの自宅で亡くなった。99歳だった。ドイツ生まれのユダヤ系で、20世紀の代表するピアニストの一人として国際的な活躍を続け、ボザール・トリオの創設メンバーだった。

1923年、ドイツのマグデブルク生まれ。1939年に両親とドイツを離れ、イスラエルに移住。残った家族は、ナチスの強制収容所で亡くなった。1946年、サンフランシスコで行われたドビュッシー国際ピアノ・コンクールで優勝、ユージン・オーマンディ率いるフィラデルフィア管弦楽団でデビューしてキャリアをスタートした。

以後、国際的な活躍を続け、世界の主要オーケストラのほぼすべてのオーケストラと共演。また、1955年にはヴァイオリンのダニエル・ギレ、チェロのバーナード・グリーンハウスとボザール・トリオを結成。2008年のスイス・ルツェルン音楽祭で解散するまでメンバーを代えて活動を続けた。

トリオの解散後、85歳でソリストとして活動を再開、90歳にしてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にデビューした。2013年には90歳記念コンサートで、テノールのクリストフ・プレガルディエンと共演してシューベルトの歌曲集《冬の旅》を録音している。録音の数も膨大で、フィリップスからリリースされたボザール・トリオの全集はCD60枚組。

また、米国のインディアナ大学ジェイコブス音楽院の教授として長く後進の指導に当たり、多くの教え子を音楽界に輩出。ニューヨークのマンハッタン音楽院、ロンドンの王立音楽院、イスラエルのベングリオン大学ベエルシェバ校などから名誉博士号を授与されている。

写真:Echo Klassik / Wieland Aschinger


関連記事

  1. 訃報 〓 フランツ・バルトロメイ(76)オーストリアのチェロ奏者 / ウィーン・フィルの元首席奏者

  2. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがロシアの指揮者パベル・ソロキンとの契約を破棄

  3. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  4. 訃報 〓 グラハム・クラーク(81)英国のテノール歌手

  5. 訃報 〓 ルーゼン・グネス(80)トルコ出身のヴィオラ奏者

  6. ロンドン発 〓 王立音楽院がパッパーノ、カウフマンに名誉博士号

  7. 訃報 〓 ロバート・ヘイル(90)米国のバス・バリトン歌手

  8. バーミンガム発 〓 ジュリアン・ロイド・ウェッバーが王立バーミンガム音楽院の学長を退任

  9. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルの次期芸術監督にニコラ・ベネデッティ、初の女性、初のスコットランド人、初の現役音楽家

  10. 訃報 〓 ジョナサン・ミラー(85)英国の演出家

  11. グラインドボーン音楽祭 〓 来年からのツアー指揮者にベン・グラスバーグを起用

  12. ストックホルム発 〓 ダニエル・ハーディングがスウェーデン放送交響との契約を延長

  13. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響の次期首席指揮者に山田和樹、アーティスティック・アドバイザーも兼任

  14. ロンドン発 〓 アントニオ・パッパーノ、ロンドン交響楽団の首席指揮者へ

  15. ロンドン発 〓 メゾ・ソプラノのサラ・コノリーに国王音楽勲章

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。