ワシントン発 〓 ワシントン・ナショナル・オペラの音楽監督にロバート・スパーノ

2024/02/07

ワシントン・ナショナル・オペラ(Washington National Opera)が次期音楽監督に米国の指揮者ロバート・スパーノ(Robert Spano)を迎えると発表した。2018年からその任にあるエヴァン・ロジスターの後任で、任期は2025/2026シーズンから。

スパーノはオハイオ州コンノー生まれの61歳。アトランタ交響楽団の音楽監督(2001–2021)を務めた後、現在はフォートワース交響楽団の音楽監督、アスペン音楽祭の音楽監督を務めている。また、この1月からはロードアイランド・フィルハーモニック管弦楽団の首席指揮者にも就任した。

ワシントン・ナショナル・オペラはケネディー・センター内にある“大統領のオペラハウス”。1996年から2011にかけて、テノール歌手のプラシド・ドミンゴが芸術監督を務めていた。現在は演出家のフランチェスカ・ザンベッロが芸術監督を務めている。

写真:Atlanta Symphony Orchestra / Jeff Roffman


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 オランダ政府がロックダウンを厳格化、劇場やホールは12月半ば過ぎまで閉鎖

  2. キール発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にガブリエル・フェルツ

  3. ヘルシンキ発 〓 フィンランド放送響が首席指揮者ニコラス・コロンとの契約を延長

  4. 訃報 〓 クシシュトフ・ペンデレツキ(86)ポーランドの作曲家

  5. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  6. ザルツブルク発 〓 モーツァルテウム管の次期首席指揮者にスペインのロベルト・ゴンザレス=モンハス

  7. ミラノ発 〓 ゲルギエフがイタリア国内の資産売却を進めていると、イタリアの有力紙が報道

  8. ベルリン発 〓 州立歌劇場も無料のストリーミングを開始、4月19日まで

  9. ベルリン発 〓 アルテミス弦楽四重奏団が活動休止を発表

  10. ベルリン発 〓 ウィーン・フィルが野外劇場「ヴァルトビューネ」デビュー

  11. ウィーン発 〓 ネトレプコがロシアのウクライナ侵略に反対、プーチン大統領との関係を否定する声明

  12. ロンドン発 〓 ロンドン・フィルの首席ホルンに20歳のアンネマリー・フェデーレ

  13. ワシントン発 〓 ジャナンドレア・ノセダがナショナル交響楽団との契約を延長

  14. ロンドン発 〓 英国のクラシック音楽雑誌「グラモフォン」の「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」一般投票始まる

  15. レーゲンスブルク発 〓 市立劇場の座付きオーケストラ、レーゲンスブルク・フィルハーモニックの次期音楽総監督兼首席指揮者にステファン・ヴェセルカ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。