ワシントン発 〓 ワシントン・ナショナル・オペラの音楽監督にロバート・スパーノ

2024/02/07

ワシントン・ナショナル・オペラ(Washington National Opera)が次期音楽監督に米国の指揮者ロバート・スパーノ(Robert Spano)を迎えると発表した。2018年からその任にあるエヴァン・ロジスターの後任で、任期は2025/2026シーズンから。

スパーノはオハイオ州コンノー生まれの61歳。アトランタ交響楽団の音楽監督(2001–2021)を務めた後、現在はフォートワース交響楽団の音楽監督、アスペン音楽祭の音楽監督を務めている。また、この1月からはロードアイランド・フィルハーモニック管弦楽団の首席指揮者にも就任した。

ワシントン・ナショナル・オペラはケネディー・センター内にある“大統領のオペラハウス”。1996年から2011にかけて、テノール歌手のプラシド・ドミンゴが芸術監督を務めていた。現在は演出家のフランチェスカ・ザンベッロが芸術監督を務めている。

写真:Atlanta Symphony Orchestra / Jeff Roffman


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演をキャンセル

  2. ベルリン発 〓 ウラディーミル・ユロフスキがベルリン放送響の演奏会でウクライナ国歌を演奏、連帯のメッセージ送る

  3. ニコシア発 〓 ギュンター・ノイホルトがキプロス響の芸術監督に

  4. ヘルシンボリ発 〓 ヘルシンボリ響の首席指揮者にマキシム・パスカル

  5. ウィーン発 〓 ソプラノのニーナ・シュテンメが国立歌劇場の名誉会員に

  6. ベルリン発 〓 州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  7. クラクフ発 〓 作曲家ペンデレツキの国葬が故郷クラクフで

  8. 訃報 〓 ラドゥ・ルプー(76)ルーマニア出身のピアニスト

  9. レノックス発 〓 タングルウッド音楽祭が2024年のスケジュールを発表、ドゥダメルが2006年以来久々に登場

  10. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが5月17日に《皇帝ティートの慈悲》の公演で再開場、公演のストリーミング配信も

  11. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの2020/2021シーズンが開幕

  12. ロンドン発 〓 演出家のグレアム・ヴィック、指揮者のジェーン・グラヴァーに「サー」と「デイム」の称号

  13. ロンドン発 〓 「BBCプロムス」がこの夏の公演ラインナップを発表、「ラストナイト」の指揮はダリア・スタセヴスカ

  14. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が音楽監督のジャナンドレア・ノセダとの契約を延長

  15. ベルリン発 〓 バレンボイムが19日に現場復帰

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。