ウィーン発 〓 国立歌劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

2024/04/28

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が新シーズン、2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表した。新シーズンは音楽監督を務めるフィリップ・ジョルダン(Philippe Jordan)にとって最後のシーズン。新制作は以下の通り。

ヴェルディ《ドン・カルロ》
9月26日ー2025年3月23日
[演出]キリル・セレブレンニコフ
[指揮]フィリップ・ジョルダン
[出演]アスミク・グリゴリアン / ロベルト・タリアヴィーニ / ジョシュア・ゲレーロ / エティエンヌ・デュピュイ / イヴ=モー・ユボー / ドミトリー・ウリヤノフ /// ニコール・カー / エリーナ・ガランチャ / ヴィタリー・コワリョフ

クルターグ・ジョルジュ《勝負の終わりに》
10月16日ー10月29日
[演出]ヘルベルト・フリッチュ
[指揮]シモーネ・ヤング
[出演]チャールズ・ワークマン / ヒラリー・サマーズ / フィリップ・スライ / ゲオルク・ニグル

モーツァルト《魔笛》
2025年1月27日ー5月5日
[演出]バルボラ・ホラコヴァー・ジョリー
[指揮]フランツ・ウェルザー=メスト / アダム・フィッシャー
[出演]ゲオルク・ツェッペンフェルト / ユリアン・プレガルディエン / ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー  / セレナ・サエンツ / スラヴィカ・ザミクナイコーヴァ / ルートヴィヒ・ミッテルハンマー /// フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒ / シリル・デュボワ / クレメンス・ウンターライナー / マリーナ・ナザロヴァ / セレナ・サエンツ / ルートヴィヒ・ミッテルハンマー

ベッリーニ《ノルマ》
2月22日ー5月26日
[演出]シリル・テステ
[指揮]ミケーレ・マリオッティ / アントニーノ・フォリアーニ
[出演]フェデリカ・ロンバルディ / ファン・ディエゴ・フローレス / イルデブランド・ダルカンジェロ / ヴァシリーサ・ベルザンスカヤ /// リディア・フリードマン / フレディ・デ・トマーゾ

チャイコフスキー《イオランタ》
3月24日ー4月6日
[演出]エフゲニー・ティトフ
[指揮]トゥガン・ソヒエフ
[出演]ソーニャ・ヨンチェヴァ / イヴォ・スタンチェフ / ボリス・ピンハソヴィチ / ドミトロ・ポポフ

ワーグナー《タンホイザー》
5月22日ー6月4日
[演出]リディア・スタイアー
[指揮]フィリップ・ジョルダン
[出演]クレイ・ヒレイ / エカテリーナ・グバノヴァ / マリン・ビストレム / リュドヴィク・テジエ / ギュンター・グロイスベック


写真:Opéra national de Paris / Jean-François Leclercq


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 カミル・マリネスク(55)ルーマニアの指揮者

  2. キール発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にガブリエル・フェルツ

  3. ベルリン発 〓 バレンボイムが当面の演奏活動の休止を発表

  4. ブエノスアイレス発 〓 南米も公演キャンセル広がる、新型コロナウイルスの感染拡大で

  5. マグデブルク発 〓 主役歌手二人のキャンセルでマグデブルク劇場が公演さしかえ

  6. ミラノ発 〓 スカラ座の次シーズンのアウトラインが明らかに。48年ぶりに《ノルマ》が復活

  7. ウィーン発 〓 ジョン・ウィリアムズ、3月にウィーン・フィルと再びコンサート

  8. ロンドン発 〓 指揮者のサカリ・オラモがBBC響との契約を延長

  9. 東京発 〓 新日本フィルが新シーズン、2023/2024シーズンの定期演奏会ラインナップを発表

  10. バンプトン・クラシカル・オペラ 〓 2021年はグルックの《ラ・コロナ》と《パリスとヘレネー》を上演

  11. 東京発 〓 第33回「高松宮殿下記念世界文化賞」、音楽部門はピアノのクリスチャン・ツィメルマン

  12. 訃報 〓 マルチェッラ・レアーレ(84)米国のソプラノ歌手

  13. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  14. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が総監督カタリーナ・ワグナーの長期療養を発表

  15. アムステルダム発 〓 オランダ放送フィルが首席指揮者のカリーナ・カネラキスとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。