ロンドン発 〓 アウシュリネ・ストゥンディーテが代役で《エレクトラ》に出演、前倒しでロイヤル・オペラにデビュー

2024/01/17

ソプラノ歌手アウシュリネ・ストゥンディーテ(Aušrinė Stundytė)が15日、急きょ代役としてロイヤル・オペラのリヒャルト・シュトラウスの《エレクトラ》に出演、劇場デビューを飾った。2月5日に初日を迎えるプッチーニ《トスカ》に出演して劇場デビューすることが決まっていたが、一足早いお披露目となった。

出演は「体調不良のため」降板したニーナ・シュテンメの代役。今回の《エレクトラ》は新制作のプロダクションで、クリストフ・ロイが新演出を手掛けている。指揮はアントニオ・パッパーノで、歌手陣はカリタ・マッティラ、サラ・ヤクビアク、ウカシュ・ゴリンスキ、チャールズ・ワークマンらという顔ぶれ。

ストゥンディーテはリトアニアの首都ビリニュスの生まれ。リトアニアの音楽アカデミーで学んだ後、2ライプツィヒの音楽・演劇大学に留学した。その後、ケルン市立オペラの専属歌手を経て国際舞台で活躍を続けている。

2020年にはザルツブルク音楽祭にエレクトラを歌ってデビュー。その後、ハンブルク州立オペラ、アントワープ歌劇場、ウィーン国立歌劇場でも歌うなど、彼女にとっては当たり役の一つ。

写真:Salzburger Festspiele / Bernd Uhlig


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ウィーン・フィルが野外劇場「ヴァルトビューネ」デビュー

  2. グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

  3. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響の次期首席指揮者に山田和樹、アーティスティック・アドバイザーも兼任

  4. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が《エルナーニ》を無料ストリーミング

  5. 東京発 〓 紀尾井ホール室内管弦楽団の次期首席指揮者にトレヴァー・ピノック

  6. ミュンヘン発 〓 ラハフ・シャニがミュンヘン・フィルの首席指揮者に

  7. シドニー発 〓 オペラハウスが5日に《メリー・ウィドウ》で再開場

  8. ブカレスト発 〓 ブカレスト国立オペラの芸術監督にイスラエルの指揮者エイタン・シュマイザー

  9. ロンドン発 〓 英国の音楽家予約サイトの調査で「音楽を辞めることを考えている」64%

  10. ヘルシンキ発 〓 フィンランド放送響が首席指揮者ニコラス・コロンとの契約を延長

  11. パリ発 〓 パリ国立オペラが新制作の《アイーダ》をストリーミング配信

  12. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  13. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ(88)チェコの指揮者

  14. ボストン発 〓 ネルソンズがボストン響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との契約を延長

  15. ベルリン発 〓 オペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー2020」を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。