ハノーファー発 〓 指揮者のインゴ・メッツマッハーがヘレンハウゼン芸術祭の芸術監督を“卒業”

2024/01/16

ドイツ・ハノーファーで行われているヘレンハウゼン芸術祭の芸術監督を務めてきた指揮者のインゴ・メッツマッハー(Ingo Metzmacher)が2025年で退任すると発表した。メッツマッハーは2015年からその任にあり、在任10年での退任に「指揮者としての仕事にもっと時間を割きたい」。後任はまだ発表されていない。

メッツマッハーは1957年、ハノーファー生まれの66歳。ハノーファー、ザルツブルク、ケルンでピアノ、音楽理論、指揮の教育を受ける。その後、1980年に現代音楽の解釈を専門とする室内合奏団でフランクフルトを拠点とする「アンサンブル・モデルン」にピアニストとして参加した。

指揮活動は1985年頃からスタート、1987年にはフランクフルト市立オペラでオペラ・デビューを飾った。現代音楽のスペシャリストとしての評価が高く、数多くのオーケストラに客演し、録音にも数多く参加。1994年にハンス・ヴェルナー・ヘンツェの交響曲第6番改訂版の初演を指揮。1997年には交響曲第9番を作曲者の依頼で世界初演を手掛けている。

1997年にはハンブルク州立オペラの音楽総監督に就任。退任した2005年には、ドイツのオペラ専門誌「オペルンヴェルト=Opernwelt」の「年間最優秀歌劇場」に選ばれている。その後、アムステルダムのオランダ国立オペラの首席指揮者(2005ー2008)、ベルリン・ドイツ交響楽団の首席指揮者兼芸術監督(2007ー2012)を歴任した。

芸術祭の舞台となってきたへレンハウゼンは1700年代、ハノーバー選帝侯夫人だったソフィー・フォン・デア・プファルツが造らせたバロック式庭園。第2代芸術監督のメッツマッハー時代から、庭園以外に市内にも演奏会場が設けられるようになり、2023年の来場者数は約2万人。2024年は5月16日から6月2日までの開催。

写真:NDR / Susann Ziegler


  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭、2021年のスケジュールを発表

  2. ベルリン発 〓 バレンボイムがベルリン州立オペラの音楽監督を退任

  3. サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバル 〓 オペラ上演の断念を発表

  4. デュッセルドルフ発 〓 デュッセルドルフ響が首席客演指揮者を務めるアルペシュ・チャウハンとの契約を延長

  5. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  6. 訃報 〓 ヘルムート・シュテルン(91)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元第1ヴァイオリン首席奏者

  7. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居を博物館に

  8. コブレンツ発 〓 ライン州立フィルの首席指揮者にベンジャミン・シュウォーツ

  9. ザルツブルク音楽祭 〓 2021年版の公式トレーラーをUP

  10. エディンバラ発 〓 国際芸術祭がリネハン総監督との契約を2022年まで延長

  11. ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭 〓 代役でネトレプコが《トスカ》に出演

  12. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  13. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が13日、ドイツの歌劇場のトップを切って再開場

  14. デュッセルドルフ発 〓 作曲家メンデルスゾーンの銅像の修復工事終了

  15. ケルン発 〓 WDR響が首席指揮者のクリスティアン・マチェラルとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。