リエージュ発 〓 ワロン王立歌劇場が「Opera at Home」というストリーミング配信をスタート

2020/03/28

ベルギーのワロン王立歌劇場(Opéra Royal de Wallonie)が「Opera at Home」というストリーミング配信をスタートさせた。

第1弾はドニゼッティの《アンナ・ボレーナ》で、以後、ビゼー《カルメン》、ヴェルディ《ドン・カルロ》、プッチーニ《蝶々夫人》、モーツァルト《皇帝ティートの慈悲》と続く。

ワロン王立歌劇場はフランス語圏のリエージュにある歌劇場で、2017/2018シーズンからスペランツァ・スカップッチが音楽監督を務めている。

写真:Opera Royal de Wallonie-Liège / Ville de Liège


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 「オペラ・アワード2020」、ノミネート作品を発表

  2. コッレッジョ発 〓 レオ・ヌッチが引退を“宣言”

  3. ローマ発 〓 ガッティが「共和国記念日」を祝うコンサートを指揮

  4. 訃報 〓 ケネス・ウーラム, 英国のテノール歌手

  5. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーの次期音楽監督に指揮者のオメール・メイア・ヴェルバー

  6. 訃報 〓 ヤープ・シュレーダー, オランダのヴァイオリン奏者

  7. ウィーン発 〓 ジョン・ウィリアムズ&ウィーン・フィルのライブCD発売へ

  8. ハンブルク発 〓 第1回「ジェフリー・テイト」賞に若手ヴィオラ奏者のティモシー・リダウト

  9. トーレ・デル・ラーゴ発 〓 プッチーニ・フェスティバル開催決定

  10. 訃報 〓 フー・ツォン, 中国生まれの英国のピアニスト

  11. シドニー発 〓 シドニー響の次期首席指揮者にシモーネ・ヤング

  12. アトランタ発 〓 アトランタ・オペラ衣装部がマスク製作に奮戦

  13. ハレ発 〓 ヘンデルの生地ハレのヘンデル音楽祭も開催断念

  14. マプト発 〓 女性オーボエ奏者がモザンビークの文化観光大臣に

  15. ボストン発 〓 ボストン響が給与カットと一時休職で合意、タングルウッド音楽祭に希望繋ぐ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。