シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスが南西ドイツ放送響との契約を延長

2021/09/16

ギリシャの指揮者テオドール・クルレンツィス(Teodor Currentzis)が首席指揮者を務める南西ドイツ放送交響楽団(SWR Symphonieorchesters)との契約を延長した。2018/2019シーズンからその任にあり、契約更改で任期はさらに3年、2023/2024シーズン終了まで延びる。

自ら創設したオーケストラ「ムジカエテルナ」を率いて、楽壇の風雲児として話題を集めるクルレンツィスはギリシャの首都アテネ生まれの49歳。地元で音楽教育を受けた後、1994年からロシアのサンクトペテルブルク音楽院に留学。そこで名教師イリヤ・ムーシンから指揮法を学んだ。

南西ドイツ放送交響楽団は2016年、南西ドイツ放送傘下のシュトゥットガルト放送交響楽団とバーデン=バーデン・フライブルクSWR交響楽団を統廃合して誕生したオーケストラ。

写真:SWR Symphonieorchester


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響の次期首席指揮者に山田和樹、アーティスティック・アドバイザーも兼任

  2. ロンドン発 〓 感染力強い新型コロナウイルスの変異種の感染拡大

  3. チェルトナム発 〓 今年のフェスティバルの開催中止を発表

  4. ローマ発 〓 ローマ歌劇場の次期音楽監督にミケーレ・マリオッティ

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、ハーディングの代役にコンロン

  6. ブリュッセル発 〓 ベルギー国立管の首席客演指揮者にスペインのロベルト・ゴンザレス=モンハス

  7. ミラノ発 〓 スカラ座が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  8. 松本発 〓 セイジ・オザワ松本フェスティバルが開催断念を発表

  9. 訃報 〓 エリオ・ボンコンパーニ, イタリアの指揮者

  10. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールのピアノ部門で、フランスのジョナサン・フルネルが優勝

  11. フィレンツェ発 〓 新型コロナウイルスの感染拡大めぐり、チョン・ミョンフンも降板

  12. ドレスデン発 〓 ドレスデン・シュターツカペレが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ペルミ発 〓 クルレンツィス&ムジカ・エテルナのベートーヴェン交響曲第1弾が登場

  14. デトロイト発 〓 デトロイト響の次期音楽監督にヤデル・ビニャミーニ

  15. 訃報 〓 アンドレア・ギオー, フランスのソプラノ歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。