ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード」を発表

2021/10/09

英国のクラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード=Gramophone Classical Music Awards」を発表した。

賞は1977年の創設で、前年1年の録音が対象。クラシック音楽界で最も権威のある賞の一つ。「グラモフォン」誌の批評家などを中心に、放送局や音楽業界のさまざまなメンバーによって選出されている。

「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」は2018年から、7月から9月にかけて行われる一般投票によって決定されている。受賞作は以下の通り。

……… 年間賞

[Label of the Year]ドイツ・グラモフォン

[Lifetime Achievement]グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)

[Young Artist of the Year]ファティマ・サイード(ソプラノ)

[Special Audio]The Golden Renaissance(ジョスカン・デ・プレ)

[Concept Album]チェロ 360(クリスチャン=ピエール・ラ・マルカ)

[Artist of the Year]ジェイムズ・エーネス(ヴァイオリン)

[Special Achievement]ボストン・モダン・オーケストラ・プロジェクト

[Orchestra of the Year]ミネソタ管弦楽団


……… 録音賞

[Chamber]
 エルガー&ビーチ: ピアノ五重奏曲集
 =タカーチ弦楽四重奏団 / ギャリック・オールソン

[Choral]
 ドゥシーク: 荘厳ミサ曲
 =リチャード・エガー / エンシェント室内管弦楽団 / エンシェント室内合唱団

[Concerto]
 ショスタコーヴィチ: ヴァイオリン協奏曲集
 =アリーナ・イブラギモヴァ / ウラディーミル・ユロフスキ / ロシア国立アカデミー管弦楽団

[Contemporary]
 アレッポの園芸商 – ジョン・ピカード: 室内楽作品集
 =マーティン・ブラビンズ / ナッシュ・アンサンブル

[Early Music]
 ジョスカン・デ・プレ: ミサ曲集《フェラーラ公エルコーレ》、《恋の相手を変えたのなら》、《嘆きながら》
 =ピーター・フィリップス / タリス・スコラーズ

[Instrumental]
 バッハ~リュートもしくはチェンバロで
 =ショーン・シベ

[Opera & Recording of the Year]
 ブリテン: 歌劇 《ピーター・グライムズ》
 =エドワード・ガードナー / ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団 / スチュアート・スケルトン / エリン・ウォール

[Orchestral]
 フランツ・シュミット: 交響曲全集
 =パーヴォ・ヤルヴィ / フランクフルト放送交響楽団

[Piano]
 J.S.バッハ: 平均律クラヴィーア曲集第2巻より
 =ピョートル・アンデルジェフスキ

[Song]
 エル・ヌール
 =ファトマ・サイード

[Voice & Ensemble]
 ヴェルディ: オペラ・アリア集
 =ルドヴィク・テジエ / フレデリック・シャスラン / ボローニャ歌劇場管弦楽団

写真:Gramophone


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  2. バンベルク発 〓 バンベルク響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、6月に日本ツアーも

  3. ロンドン発 〓 ヤクブ・フルシャ、ロイヤル・オペラ・ハウスの音楽監督に

  4. カールスルーエ発 〓 バーデン州立劇場が音楽総監督のゲオルク・フリッチュとの契約を延長

  5. 訃報 〓 ロバート・マン(97)米国のヴァイオリニスト、ジュリアード弦楽四重奏団の創設メンバー

  6. 東京発 〓 細川俊夫の《オーケストラのための『渦』》が第68回「尾高賞」に

  7. 香港発 〓 イップ・ウィンシーが香港シンフォニエッタを卒業!?

  8. ミラノ発 〓 ミラノ市長がスカラ座にゲルギエフの解任を要求、ロシアのウクライナ進攻で

  9. ミュンヘン発 〓 2021年の「ゲーテ・メダル」が作曲家の細川俊夫らに

  10. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場がモーツァルト《皇帝ティートの慈悲》の新作をライブ・ストリーミング

  11. アスペン発 〓 アスペン音楽祭、グリマーグラス・フェスティバルも中止

  12. ブダペスト発 〓 イシュトヴァーン・ヴァルダイがフランツ・リスト室内管の芸術監督に

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  14. ブリスベン発 〓 オペラ・オーストラリアが上演を延期していた新制作の《ニーベルングの指環》4部作の通し上演を10月に

  15. 東京発 〓 ウィーン国立歌劇場の舞台映像が初めて日本の映画館のスクリーンに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。