ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード」を発表

2021/10/09

英国のクラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード=Gramophone Classical Music Awards」を発表した。

賞は1977年の創設で、前年1年の録音が対象。クラシック音楽界で最も権威のある賞の一つ。「グラモフォン」誌の批評家などを中心に、放送局や音楽業界のさまざまなメンバーによって選出されている。

「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」は2018年から、7月から9月にかけて行われる一般投票によって決定されている。受賞作は以下の通り。

……… 年間賞

[Label of the Year]ドイツ・グラモフォン

[Lifetime Achievement]グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)

[Young Artist of the Year]ファティマ・サイード(ソプラノ)

[Special Audio]The Golden Renaissance(ジョスカン・デ・プレ)

[Concept Album]チェロ 360(クリスチャン=ピエール・ラ・マルカ)

[Artist of the Year]ジェイムズ・エーネス(ヴァイオリン)

[Special Achievement]ボストン・モダン・オーケストラ・プロジェクト

[Orchestra of the Year]ミネソタ管弦楽団


……… 録音賞

[Chamber]
 エルガー&ビーチ: ピアノ五重奏曲集
 =タカーチ弦楽四重奏団 / ギャリック・オールソン

[Choral]
 ドゥシーク: 荘厳ミサ曲
 =リチャード・エガー / エンシェント室内管弦楽団 / エンシェント室内合唱団

[Concerto]
 ショスタコーヴィチ: ヴァイオリン協奏曲集
 =アリーナ・イブラギモヴァ / ウラディーミル・ユロフスキ / ロシア国立アカデミー管弦楽団

[Contemporary]
 アレッポの園芸商 – ジョン・ピカード: 室内楽作品集
 =マーティン・ブラビンズ / ナッシュ・アンサンブル

[Early Music]
 ジョスカン・デ・プレ: ミサ曲集《フェラーラ公エルコーレ》、《恋の相手を変えたのなら》、《嘆きながら》
 =ピーター・フィリップス / タリス・スコラーズ

[Instrumental]
 バッハ~リュートもしくはチェンバロで
 =ショーン・シベ

[Opera & Recording of the Year]
 ブリテン: 歌劇 《ピーター・グライムズ》
 =エドワード・ガードナー / ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団 / スチュアート・スケルトン / エリン・ウォール

[Orchestral]
 フランツ・シュミット: 交響曲全集
 =パーヴォ・ヤルヴィ / フランクフルト放送交響楽団

[Piano]
 J.S.バッハ: 平均律クラヴィーア曲集第2巻より
 =ピョートル・アンデルジェフスキ

[Song]
 エル・ヌール
 =ファトマ・サイード

[Voice & Ensemble]
 ヴェルディ: オペラ・アリア集
 =ルドヴィク・テジエ / フレデリック・シャスラン / ボローニャ歌劇場管弦楽団

写真:Gramophone


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. エディンバラ発 〓 ヴァイオリンのニコラ・ベネデッティがスコッチ・ウィスキー「ザ・マッカラン」のイメージ・キャラクターに

  2. ミラノ発 〓 スカラ座が新制作の《サロメ》をストリーミング配信

  3. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルも入場時のワクチン接種証明の提示、マスク着用義務付け。シカゴも追随

  4. ベルリン発 〓 アルテミス弦楽四重奏団が活動休止を発表

  5. ベルゲン発 〓 指揮者のエドワード・ガードナーがベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団との契約を延長

  6. 東京発 〓 日本フィルの首席客演指揮者にシンガポール出身のカーチュン・ウォン

  7. 訃報 〓 マルチェッロ・ジョルダーニ, イタリアのオペラ歌手

  8. ラスベガス発 〓 第64回「グラミー賞」発表

  9. ハンブルグ発 〓 ハンブルグ市がメルケル首相をテーマにしたオペラを制作

  10. 訃報 〓 ハンス・ノイエンフェルス, ドイツの演出家

  11. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場のゲルブ総裁がプーチン大統領を支援する芸術家、大統領の支援を受ける芸術家や組織との関係を断ち切ると発言

  12. 松本発 〓 セイジ・オザワ松本フェスティバルが開催断念を発表

  13. ブタペスト発 〓 第3回「バルトーク国際コンクール」で、日本のクァルテット・インテグラが優勝

  14. リガ発 〓 ラトビア国立響の次期音楽監督兼芸術監督にフィンランドの若手タルモ・ペルトコスキ

  15. ルツェルン発 〓 ルツェルン響の次期首席指揮者にミヒャエル・ザンデルリング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。