ロンドン発 〓 メゾ・ソプラノのサラ・コノリーに国王音楽勲章

2024/01/13

英国のメゾ・ソプラノ歌手サラ・コノリー(Sarah Connolly)にこのほど、英国王からこれまでの活動に対して、国王音楽勲章(King’s Medal for Music)が贈られた。コノリーは2010年の新年叙勲で大英帝国勲章コマンダー章(CBE)、2017年の誕生日叙勲で大英帝国勲章デイム・コマンダー章(DBE)を受けており、2020年にはロイヤル・フィルハーモニック・ソサエティの名誉会員にも選出されている。

コノリーはイングランド北東部ダラムの生まれの60歳。ロンドンの王立音楽大学でピアノと声楽を学び、ジェラルド・マーティン・ムーアの薫陶を受けた。BBCシンガースの団員、グラインドボーン音楽祭の合唱団員を経て、1994年に音楽祭でリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のアンニーナ役を歌って初舞台を踏んだ。

1998年、ニコラス・ハイトナー演出によるイングリッシュ・ナショナル・オペラのヘンデル《クセルクセス》のタイトルロールでブレイク。2006年には、デイヴィッド・マクヴィカー演出によるイングリッシュ・ナショナル・オペラのモーツァルト《皇帝ティートの慈悲》でセスト役を歌い、オリヴィエ賞にノミネートされた。

英国を代表する歌手の一人として国民の人気も高く、ロンドンの夏の音楽祭「BBC Proms」の常連。2009年には、最終日「ラスト・ナイト」でネルソン提督の格好で“ルール、ブリタニア!”を歌って話題を集めた。現代音楽の紹介に熱心なことでも知られ、オペラだけでなく、コンサート、歌曲と国際的に幅広く活躍している。

国王音楽勲章(スタート時は女王音楽勲章)は2005年の創設。毎年一人が選ばれており、第1回はオーストラリアの指揮者チャールズ・マッケラスが受章した。過去、ブリン・ターフェルやコリン・デイヴィス、トーマス・アレンやオリヴァー・ナッセン、ニコラ・ベネデッティら17人が名誉に浴している。

写真: BBC / Chris Christodoulou


関連記事

  1. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  2. バッファロー発 〓 ジョアン・ファレッタがバッファロー・フィルとの契約を延長

  3. ケルン発 〓 ケルンWDR響の次期首席指揮者にフランスの女流指揮者マリー・ジャコー

  4. 訃報 〓 エドゥアルド・アルテミエフ(86)ロシアの作曲家

  5. ニューヨーク発 〓 ウクライナ人演奏家集めた「フリーダム・オーケストラ」が欧米をツアー

  6. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  7. ロンドン発 〓 アンジェラ・ゲオルギューが《トスカ》でメトロポリタン歌劇場に復帰

  8. 訃報 〓 アレクサンダー・トラーゼ(69)ジョージア出身のピアニスト

  9. ブリュッセル発 〓 名ホール、パレ・デ・ボザールで火災

  10. トゥーロン発 〓 トゥーロン歌劇場の音楽監督にヴィクトリアン・ヴァノステン

  11. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  12. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新制作の《ホフマン物語》をストリーミング配信

  13. シカゴ発 〓 ムーティがシカゴ響との契約を延長、延長は1年

  14. アケルスベルガ発 〓 アップル・ミュージックが創立50周年迎えたスウェーデンの名門レーベル「BIS」を買収

  15. シカゴ発 〓 シカゴ・リリック・オペラも2020/2021シーズン全体をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。