ロンドン発 〓 メゾ・ソプラノのサラ・コノリーに国王音楽勲章

2024/01/13

英国のメゾ・ソプラノ歌手サラ・コノリー(Sarah Connolly)にこのほど、英国王からこれまでの活動に対して、国王音楽勲章(King’s Medal for Music)が贈られた。コノリーは2010年の新年叙勲で大英帝国勲章コマンダー章(CBE)、2017年の誕生日叙勲で大英帝国勲章デイム・コマンダー章(DBE)を受けており、2020年にはロイヤル・フィルハーモニック・ソサエティの名誉会員にも選出されている。

コノリーはイングランド北東部ダラムの生まれの60歳。ロンドンの王立音楽大学でピアノと声楽を学び、ジェラルド・マーティン・ムーアの薫陶を受けた。BBCシンガースの団員、グラインドボーン音楽祭の合唱団員を経て、1994年に音楽祭でリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のアンニーナ役を歌って初舞台を踏んだ。

1998年、ニコラス・ハイトナー演出によるイングリッシュ・ナショナル・オペラのヘンデル《クセルクセス》のタイトルロールでブレイク。2006年には、デイヴィッド・マクヴィカー演出によるイングリッシュ・ナショナル・オペラのモーツァルト《皇帝ティートの慈悲》でセスト役を歌い、オリヴィエ賞にノミネートされた。

英国を代表する歌手の一人として国民の人気も高く、ロンドンの夏の音楽祭「BBC Proms」の常連。2009年には、最終日「ラスト・ナイト」でネルソン提督の格好で“ルール、ブリタニア!”を歌って話題を集めた。現代音楽の紹介に熱心なことでも知られ、オペラだけでなく、コンサート、歌曲と国際的に幅広く活躍している。

国王音楽勲章(スタート時は女王音楽勲章)は2005年の創設。毎年一人が選ばれており、第1回はオーストラリアの指揮者チャールズ・マッケラスが受章した。過去、ブリン・ターフェルやコリン・デイヴィス、トーマス・アレンやオリヴァー・ナッセン、ニコラ・ベネデッティら17人が名誉に浴している。

写真: BBC / Chris Christodoulou


関連記事

  1. 香港発 〓 ホンコン・アート・フェスティバルが中止を発表

  2. ヴュルツブルク発 〓 メゾ・ソプラノのヴァルトラウト・マイヤーが引退コンサート

  3. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場の次期芸術監督にグラーツ歌劇場のノラ・シュミット

  4. オークランド発 〓 「ASBシアター」が「キリ・テ・カナワ劇場」に改名

  5. フィレンツェ発 〓 5月音楽祭が新制作のジョルダーノ《シベリア》の初日7日の公演をストリーミング配信

  6. パリ発 〓 ポリーニが再延期していたリサイタルを体調不良でキャンセル

  7. ベルリン発 〓 バレンボイムが体調不良で新制作の《指環》の指揮を断念、代役にティーレマン

  8. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが来年年4月までの公演のキャンセルを発表

  9. ドレスデン発 〓 ドレスデン・シュターツカペレが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ベルリン発 〓 バレンボイムがベルリン州立オペラの音楽監督を退任

  11. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭の《ワルキューレ》でヴォータン役のトマス・コニエチュニーが怪我で途中降板

  12. エレバン発 〓 ハチャトゥリアン国際コンクールの指揮部門で出口大地が第1位

  13. 東京発 〓 ウィーン国立歌劇場の日本公演の延期決まる

  14. リヨン発 〓 リヨン国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  15. パリ発 〓 マケラ&パリ管、録音第1弾、第2弾にストラヴィンスキーのバレエ音楽

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。