訃報 〓 佐藤陽子(72)日本のヴァイオリニスト

2022/08/03
【最終更新日】2023/02/05

国際的なヴァイオリニスト、佐藤陽子が7月19日、静岡県熱海市内の病院で亡くなった。肝臓がんと闘病していたという。72歳だった。レオニード・コーガン、ヨーゼフ・シゲティという二人の大家に師事したヴァイオリニストとして活動する一方、マリア・カラスに師事して声楽家としても活躍、エッセイストとしても活躍した。

福島市生まれ。3歳からヴァイオリンを始め、1958年に来日中のコーガンに才能を認められ、翌年から旧ソ連政府の給費留学生として留学、モスクワ音楽院附属学校でコーガンに師事した。16歳だった1966年、チャイコフスキー国際コンクールで第3位を受賞して一躍注目を集めた。

その後、モスクワ音楽院に進み、1969年のロン=ティボー国際コンクールでは第3位を獲得した。1971年にモスクワ音楽院を首席で卒業した後は渡仏してシゲティの下で研鑽を積み、1972年のパガニーニ国際コンクールで第2位を獲得した。

その後、カラスに師事してソプラノ歌手としての活動も始め、1975年にルーマニアのブカレスト国立歌劇場で《蝶々夫人》のタイトルロールを歌ってデビューして話題をさらった。1976年に帰国し、演奏活動のかたわら、エッセー集「音楽のある街角」を刊行するなど、エッセイストとして文筆業にも取り組んだ。

私生活では1973年、パリで出逢った外交官の岡本行夫と結婚。しかし、世界的な版画家、陶芸家で芥川賞受賞作家の池田満寿夫とローマで運命的な出会いをしたことが原因で1979年に離婚した。

1980年には池田との結婚を宣言、1982年には熱海に居を移し、二人の名前を取った「満陽工房」を起ち上げた。テレビ番組やCMにも二人で出演するなど、おしどり夫婦として知られた。

写真:遺族提供


関連記事

  1. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラの次期音楽監督にキム・ウンソン

  2. 訃報 〓 ジュリアン・ブリーム(87)イギリスのギタリスト

  3. フランクフルト発 〓 フランクフルト市立オペラが2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  4. マグデブルク発 〓 マグデブルク劇場の次期音楽総監督にアンナ・スクリレーワ

  5. ワルシャワ発 〓 台湾政府がショパン国際ピアノ・コンクールに抗議、国名表記めぐり

  6. ヴィースバーデン発 〓 ドイツのヘッセン州政府が4月初めまでの州立劇場閉鎖を発表

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場管のコンサートマスターにイスラエルの若手ヤメン・サーディ

  8. ローマ発 〓 イタリア全土で劇場また閉鎖

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が6月のストリーミング配信のラインナップを発表

  10. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルの第2バイオリンの首席奏者クリストフ・コンツが指揮活動

  12. シュヴェービッシュ・グミュント発 〓 ジョシュア・リフキンにヨーロッパ教会音楽賞

  13. コペンハーゲン発 〓 クリストフ・エッシェンバッハがコペンハーゲン・フィルの名誉客演指揮者に

  14. ベルリン発 〓 バレンボイム入院長引き、5月のウェスト=イースタン・ディヴァン管のツアーの指揮をキャンセル

  15. ハノイ発 〓 ベトナムを代表するオペラ歌手、義兄に刺殺される

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。