ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2018/2019シーズンのラインナップを発表

2018/04/16
【最終更新日】2022/01/05

ベルリンのコーミッシェ・オーパーが2018/2019シーズンのラインナップを発表した。2018/2019シーズンは、音楽総監督に就任したラトビア出身の指揮者アイナルス・ルビキスの最初のシーズン。

ルビキスは1978年、ラトビアの首都リガの生まれ。母国の音楽アカデミーで学び、ドイツ・バンベルグ交響楽団主催のグスタフ・マーラー国際指揮者コンクールで優勝して注目を集め、その後、ヨーロッパの歌劇場で指揮活動を重ねてきた。シーズンの開幕に先立ち、6月16日に劇場のインテンダントを務めるバリー・コスキーの新演出によるショスタコーヴィチの《鼻》を指揮する。

プレミエ(新演出上演)はコルンゴルト《死の都》、ヴァルティノーニ《オズの魔法使い》、バーンスタイン《キャンディード》、プッチーニ《ラ・ボエーム》、ヘンデル《インドの王ポーロ》、アブラハムの《ヴィクトリアと軽騎兵》と《ロキシーとワンダーチーム》の7演目。また、1965年生まれの現代作曲家モーリッツ・エッゲルト(Moritz Eggert)の 《街が殺人者を追う》の世界初演も行われる。演出はコスキー。

また、11月23日から25日まで生誕100年を記念した「レナード・バーンスタイン・フェスティバル」、2019年3月1日から3日にかけて「タンゴ祭」、6月25日から30日にかけて新演出上演のプロダクションを集中上演する「コーミッシェ・オーパー・フェスティバル」が行われる。

写真:komische-oper-berlin / Silvia Lelli


    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. テルアビブ発 〓 ズービン・メータに新型コロナの陽性反応、イスラエル・フィルの最終日はキャンセル

  2. バルセロナ発 〓 スペイン放送協会がサグラダ・ファミリア大聖堂でウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の特別コンサート

  3. ロンドン発 〓 グラインドボーン音楽祭も開催断念、ストリーミング配信をスタート

  4. ミラノ発 〓 スカラ座の理事会が総裁のドミニク・マイヤー、音楽監督のリッカルド・シャイーの任期を1年延長へ

  5. ウィーン発 〓 来年1月の《ナブッコ》で、ドミンゴが国立歌劇場にお別れ

  6. ドレスデン発 〓 ドレスデン・フィルの次期首席指揮者にドナルド・ラニクルズ

  7. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場で“ウクライナにおける特別軍事作戦”で死亡した兵士の遺族のためのチャリティー公演

  8. モスクワ発 〓 ミハイル・プレトニョフの後任にアレクサンドル・ルディン、ロシア・ナショナル管の音楽監督

  9. マチェラータ発 〓 スフェリステリオ音楽祭が開催決定

  10. シカゴ発 〓 「ショルティ指揮者アワード2018」にロデリック・コックスに

  11. グラインドボーン発 〓 代役の呼び寄せに音楽祭がヘリコプターを手配、老舗の貫禄

  12. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭がカタリーナ・ワーグナーとの契約を2030年まで延長、新設のジェネラル・マネージャーのとの権限分離で“芸術監督職”に専念

  13. 東京発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウス「シネマシーズン2019/20」スケジュール発表

  14. モスクワ発 〓 ロシアが第17回「チャイコフスキー国際コンクール」の開催を宣言

  15. シカゴ発 〓 シカゴ響が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。