ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2018/2019シーズンのラインナップを発表

2018/04/16
【最終更新日】2018/10/02

ベルリンのコーミッシェ・オーパーが2018/2019シーズンのラインナップを発表した。2018/2019シーズンは、音楽総監督に就任したラトビア出身の指揮者アイナルス・ルビキスの最初のシーズン。ルビキスは1978年、ラトビアの首都リガの生まれ。母国の音楽アカデミーで学び、ドイツ・バンベルグ交響楽団主催のグスタフ・マーラー国際指揮者コンクールで優勝して注目を集め、その後、ヨーロッパの歌劇場で指揮活動を重ねてきた。シーズンの開幕に先立ち、6月16日に劇場のインテンダントを務めるバリー・コスキーの新演出によるショスタコーヴィチの《鼻》を指揮する。

プレミエ(新演出上演)はコルンゴルト《死の都》、ヴァルティノーニ《オズの魔法使い》、バーンスタイン《キャンディード》、プッチーニ《ラ・ボエーム》、ヘンデル《インドの王ポーロ》、アブラハムの《ヴィクトリアと軽騎兵》と《ロキシーとワンダーチーム》の7演目。また、1965年生まれの現代作曲家モーリッツ・エッゲルト(Moritz Eggert)の 《街が殺人者を追う》の世界初演も行われる。演出はコスキー。

また、11月23日から25日まで生誕100年を記念した「レナード・バーンスタイン・フェスティバル」、2019年3月1日から3日にかけて「タンゴ祭」、6月25日から30日にかけて新演出上演のプロダクションを集中上演する「コーミッシェ・オーパー・フェスティバル」が行われる。

写真:komische-oper-berlin / Silvia Lelli


    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. ケルン発 〓 WDR交響楽団の次期首席指揮者にマチェラル

  2. ウィーン発 〓 ルネ・パーペにオーストリア宮廷歌手の称号

  3. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  4. ウィーン発 〓 ズービン・メータがウィーン・フィルをキャンセル

  5. クリーブランド 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  6. ケルン発 〓 ケルン放送管弦楽団、常任指揮者ウェイン・マーシャル退任へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。