ロサンゼルス発 〓 ルドウィグ・ゴランソンが映画『オッペンハイマー』の音楽で2度目の作曲賞

2024/03/11

米国映画界最大の祭典、第96回「アカデミー賞」の授賞式が現地時間の3月10日、ロサンゼルスのドルビーシアターで行われ、映画『オッペンハイマー』の音楽で、スウェーデンの作曲家ルドウィグ・ゴランソン(Ludwig Göransson)が2度目の作曲賞を受賞した。

映画『オッペンハイマー』は第二次世界大戦中の米国の原子爆弾開発計画「マンハッタン計画」を指揮した理論物理学者のロバート・オッペンハイマーを描いた作品で、監督はクリストファー・ノーラン。最多の13部門にノミネートされ、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞を含む7部門を受賞した。

ゴランソンはスウェーデン南部リンシェーピング生まれの39歳。ストックホルム音楽大学卒業後の2007年にロサンゼルスに移り、南カリフォルニア大学で映画音楽の作曲法を学ぶ。在学中からTVコメディシリーズ「コミ・カレ!!」の音楽で注目を集めた。

その後、大学で出会ったライアン・クーグラーが在学中に監督した短編映画『Fig』の音楽を担当したのをきっかけに、クーグラーがメガホンをとった『フルートベール駅で』や『クリード チャンプを継ぐ男』などの音楽を手掛け、2018年の『ブラックパンサー』の音楽がグラミー賞とアカデミー賞を受賞した。

ノーラン監督とは2020年の『TENETーテネット』からタッグを組んでおり、『オッペンハイマー』の音楽は、1月の第81回「ゴールデングローブ賞」の作曲賞も受賞している。

今年の作曲賞のノミネート作品は以下の通り。

 『アメリカン・フィクション』 (ローラ・カープマン)
 『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』(ジョン・ウィリアムス)
 『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』(ロビー・ロバートソン)
 『オッペンハイマー』(ルドウィグ・ゴランソン)
 『哀れなるものたち』(ジャースキン・フェンドリックス)

写真:Henrik Montgomery / TT


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《薔薇の騎士》をライブ・ストリーミング

  2. ウィーン発 〓 2022年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はバレンボイム

  3. 訃報 〓 ミシェル・コルボ(87)スイスの指揮者

  4. ロンドン発 〓 デイヴィッド・コーエンがロンドン響の首席チェロ奏者に

  5. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場の古楽オーケストラ「シンティラ管」の芸術監督にリッカルド・ミナーシ

  6. シュトゥットガルト発 〓 南西ドイツ放送響がフランソワ=グザヴィエ・ロトの降板を発表

  7. ミュンヘン発 〓 ソプラノ歌手のアニヤ・ハルテロスが2024年の活動休止を発表、家族の看病に専念

  8. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーが芸術監督のロッテ・デ・ベアとの契約を延長

  9. マルセイユ発 〓 市立歌劇場が新制作の《トスカ》をストリーミング配信

  10. ベルリン発 〓 州立オペラが2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表、バレンボイムの後任は発表されず

  11. ミラノ発 〓 スカラ座が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がロシアのウクライナへの武力侵攻1周年で特別演奏会

  13. ヘルシンキ発 〓 スザンナ・マルッキがヘルシンキ・フィルの首席指揮者退任へ

  14. バート・イシュル発 〓 レハール音楽祭は作曲者の生誕150年祝えず

  15. マンチェスター発 〓 空席だったBBCフィルハーモニックの首席指揮者にヨン・ストルゴールズ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。