訃報 〓 ネッロ・サンティ, イタリアの指揮者

2020/02/07

イタリアの指揮者ネッロ・サンティ(Nello Santi)が亡くなった。88歳だった。パドヴァの音楽院で作曲を学んだ後、1951年にパドヴァのヴェルディ劇場で《リゴレット》を指揮してオペラ界にデビュー。以来、オペラの指揮を中心に活動を展開。ミラノ・スカラ座はもとより、欧米の主要な歌劇場に客演を続け、マリア・カラス、レナータ・テバルディ、マリオ・デル・モナコといった歴史的な名歌手と共演を重ね、録音でも数多くの名盤を残している。

サンティはアドリアの生まれ。巨漢で長い指揮棒を使うのが特徴。指揮ぶりは一転してコンパクトで、1995年にはヴェローナ音楽祭の25周年記念公演を指揮するなど、イタリア・オペラ界を代表する最長老指揮者だった。一方でイタリア・オペラ以外にワーグナーも得意とした。イタリアの最上位の勲章「イタリア連帯の星勲章(Ordine della Stella della Solidarietà Italiana)の最上位「Grand Officer」など受章多数。歌手たちからは「パパ・サンティ」として慕われていた。

1958年には若くしてチューリヒ歌劇場の音楽監督に就任、1969年の退任後も指揮者陣の一人として密接な関係が続いた。スイスでは、バーゼル放送交響楽団の首席指揮者を務めた(1986-1997)。1999年に読売日本交響楽団を指揮してから来日が増え、NHK交響楽団にはたびたび客演。2007年には《ラ・ボエーム》を、2010年には《アイーダ》を指揮して、どちらもその年の視聴者の「心に残ったコンサート」の第1位に選ばれている。パシフィック・ミュージック・フェスティバル札幌(PMF)でも、2005年に首席指揮者を務めた。

写真:Radiotelevisione svizzera





関連記事

  1. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  2. ニューヨーク発 〓 ドミンゴがメトロポリタン歌劇場を“自主降板”

  3. ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

  4. ニューヨーク発 〓 全米は3月いっぱい公演キャンセル、アンドレ・リュウもツアー中止

  5. ウィーン発 〓 シェーンブルン宮殿のサマー・ナイト・コンサートを9月に延期、ウィーン・フィル

  6. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  7. オスロ発 〓 ノルウェー放送管の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  8. ミラノ発 〓 スカラ座で新たに二人の感染者

  9. 訃報 〓 イヴォ・マレク, フランスの作曲家

  10. バルセロナ発 〓 リセウ大劇場が《ローエングリン》の公演をキャンセル

  11. 訃報 〓 佐藤しのぶ, 日本のソプラノ歌手

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  13. ウィーン発 〓 指揮者のマルコ・アルミリアートが国立歌劇場の名誉会員に

  14. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。