モスクワ発 〓 ゲルギエフがボリショイ劇場の総監督に就任

2023/12/02

サンクト・ペテルブルクのマリインスキー劇場の総監督・芸術監督を務める指揮者のヴァレリー・ゲルギエフ(Valery Gergiev)のボリショイ劇場総監督就任が決まった。これまで総監督を務めてきたウラジーミル・ウリンは11月30日で退任、当日にゴリコワ副首相と二人が揃って会見したとロシアのメディアが報じている。

ロシアでの報道によると、任期は5年。副首相は会見で二つの劇場の合併はなく、それぞれ独立した法人として今後も存続していくと述べている。双方の総監督を一人の人間が務めるのは1917年のロシア革命後初めてという。

ボリショイ劇場では2013年、1995年からスタニスラフスキー音楽劇場とネミロヴィチ=ダンチェンコ音楽劇場を率いていたウリンがアナトリー・イクサノフの後任としてトップに就任。契約更改で任期は2027年までとなっていた。

しかし昨年3月、プーチン大統領に対し、国際的なヴァイオリニストで指揮者としても活躍しているウラディーミル・スピヴァコフら芸術家16人と共同で「ウクライナでの特殊作戦の停止を求める請願書」を提出。これに大統領が反応し、3月末のゲルギエフとのリモート会見で二つの劇場を監督することを提案していた。

ゲルギエフはこの5月で70歳。ウクライナ侵略後もプーチン大統領を批判せず沈黙を守ったことで、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者のポストをはじめ、海外のポスト、仕事のほぼすべて失い、マリインスキー劇場の海外ツアーも中国や北朝鮮など限られた国に限定されている状況。

写真:Bolshoi Theater / Damir Yusupov


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場は新型コロナウイルスのワクチン接種義務付け

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場、12月13日に《ドン・カルロ》で再開場

  3. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ボローニャ発 〓 巨匠の没後10年を記念して、ボローニャ市が「クラウディオ・アバド広場」

  5. モデナ発 〓 市立劇場が「パヴァロッティ & フレーニ劇場」に改名

  6. ケベック発 〓 空席だったケベック響の音楽監督にクレメンス・シュルト

  7. シカゴ発 〓 シカゴ響の第11代音楽監督にクラウス・マケラ

  8. 東京発 〓 NHK交響楽団が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、トゥガン・ソヒエフも客演

  9. ブダペスト発 〓 イシュトヴァーン・ヴァルダイがフランツ・リスト室内管の芸術監督に

  10. ストックホルム発 〓 アンナ・ネトレプコに「ポーラー音楽賞」

  11. 訃報 〓 ファニー・ウォーターマン(100)英国のピアニスト、リーズ国際ピアノ・コンクールの創設者

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場が管弦楽団の首席チェロ奏者を解任

  13. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ロサンゼルス発 〓 ジェームズ・コンロンがロサンゼルス・オペラとの契約を延長

  15. 東京発 〓 NHK交響楽団が次期首席指揮者にファビオ・ルイージ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。