訃報 〓 アガ・ミコライ(51)ポーランドのソプラノ歌手

2021/11/12
【最終更新日】2023/02/06

ポーランドのソプラノ歌手アガ・ミコライ(Aga Mikolaj)が11月11日に亡くなった。新型コロナに感染、その合併症で亡くなったという。51歳だった。オペラ界の第一線で活躍、これからが期待されていた。新国立劇場への出演も多い。

ポーランド北部クトノ生まれ。ポズナンの音楽アカデミーで学んだ後、ウィーン国立音楽演劇大学に留学。レナータ・スコット、エリーザベト・シュヴァルツコップらの下でも研鑽を積んだ。

その後、ポズナンのスタニスワフ・モニューシュコ大劇場に所属(1995-2002)。1999年にはスペインの「アルフレード・クラウス国際声楽コンクール」で第2位を授賞している。2002年にはミュンヘンのバイエルン州立オペラに移籍、2007年まで専属歌手として活動した。

その間、徐々に国際的な舞台での活動が増え、ウィーン国立歌劇場やミラノ・スカラ座など、世界の主要な歌劇場への出演。《フィガロの結婚》の伯爵夫人、《ドン・ジョヴァンニ》のドンナ・アンナとドンナ・エルヴィーラ、《コジ・ファン・トゥッテ》のフィオルディリージなど、モーツァルト作品の諸役を得意としてきた。

2006年にはニューヨークでデビュー。2012年にはベルリン州立歌劇場とスカラ座が共同制作したワーグナー《ニーベルングの指環》で、ダニエル・バレンボイムによってヴォークリンデに起用されている。

日本でも2008年、ドンナ・エルヴィーラを歌って初めて新国立劇場に出演。その後、2014年にドンナ・アンナ、2015年に《ファルスタッフ》フォード夫人と出演を重ねていた。読売日本交響楽団にも客演している。

写真:staatstheater hannover / Monika Warneke





関連記事

  1. ベルリン発 〓 ウクライナのオデッサ・フィルがベルリン音楽祭に出演

  2. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2022年の「ニューイヤー・コンサート」プログラムを発表

  3. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場の新シーズンは9月開幕、ネトレプコ出演の《ドン・カルロ》で

  4. 訃報 〓 ジョーゼフ・カリクシュタイン(75)イスラエルのピアニスト

  5. ロンドン発 〓 英国はイングランドでロックダウン、劇場も閉鎖

  6. 広島発 〓 広島響の次期音楽監督にクリスティアン・アルミンク

  7. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ロンドン発 〓 英国がイングランド全域で厳しいロックダウンを再導入

  9. ネイプルズ発 〓 米国のネイプルズ管の芸術・音楽監督に英国のアレクサンダー・シェリー

  10. パリ発 〓 演出家のオリヴィエ・ピィがシャトレ座の支配人に就任

  11. ウィーン発 〓 コンツェルトハウスがクルレンツィス&ムジカエテルナのコンサートをキャンセル、ウクライナ大使の要請受け

  12. アトランタ発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがアトランタ響の音楽監督に

  13. ローマ発 〓 ボチェッリが新型コロナウイルス感染を明らかに

  14. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが公演再開、内田光子も登場

  15. ミュンヘン発 〓 テノール歌手のダニエル・プロハスカにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。