ハンブルク発 〓 シルヴァン・カンブルランが首席指揮者を務めるハンブルク響との契約を延長

2022/06/18

ハンブルク交響楽団(Hamburger Symphoniker)が首席指揮者を務めるシルヴァン・カンブルラン(Sylvain Cambreling)との契約を延長した。カンブルランはジェフリー・テイト の後を受けて、2018年からその任にあり、今回の契約延長で、任期は彼が80歳になる2028年まで延びる。

ハンブルク交響楽団は旧ハンブルグ交響楽団とハンブルグ室内管弦楽団が1957年に合併して誕生、さらに1961年にはバッハ管弦楽団の演奏会たちが加わり、名称も「Hamburger Symphoniker」に変更、初代の首席指揮者にロベルト・ヘーガーを迎えて再スタートを切った。

創設60周年を迎えた2017年から、本拠地をかつて北ドイツ放送交響楽団(現在のNDRエルプフィルハーモニー管弦楽団)が使っていた「ライスハレ=Laeiszhalle」に移動。2018年にはピアノのマルタ・アルゲリッチを迎えたフェスティバルを開催している。

カンブルランは「素晴らしいライスハレで、注意強く好奇心旺盛な聴衆と、常にあらゆる挑戦にイエスと答え、私の仕事のあらゆる局面で新たなインスピレーションを与えてくれるオーケストラと一緒に。私たちが一緒に偉大で本当に興味深いものを作り上げているという事実は、どのコンサートでも、音楽の中にも、そして拍手の中にも聴き取ることができるのです」とコメントを出している。

写真:Symphoniker Hamburg


    もっと詳しく ▷

    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. 東京発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウス「シネマシーズン2019/20」スケジュール発表

  2. ボルツァーノ発 〓 第63回「フェルッチョ・ブゾーニ国際ピアノ・コンクール」の第1位は韓国のパク・ジェホン

  3. サリー発 〓 英国のグランジ・パーク・オペラが音楽祭の開催を断念、夏の音楽祭で初

  4. モントリオール発 〓 テノールのベン・ヘップナーがラジオのパーソナリティーからの“卒業”を表明、メディア・プレゼンターに転身

  5. パリ発 〓 長引くスト、国立オペラの《セビリアの理髪師》も上演中止

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが12日まで公演をキャンセル、新型コロナウイルスの感染再拡大で

  7. ヘルシンキ発 〓 スザンナ・マルッキがヘルシンキ・フィルの首席指揮者退任へ

  8. バイロイト音楽祭 〓 来年の《さまよえるオランダ人》にオクサーナ・リーニフを起用、女性指揮者は音楽祭初

  9. ベルリン発 〓 指揮者サイモン・ラトルにドイツ連邦政府最高位の勲章

  10. クラクフ発 〓 作曲家ペンデレツキの国葬が故郷クラクフで

  11. ミュンヘン発 〓 ザクセン州立オペラに続いてバイエルン州立オペラも公演をキャンセル、新型コロナの感染者急増で

  12. ベルリン発 〓 休養していたバレンボイム、ベルリン州立歌劇場の「平和のためのコンサート」で復帰。ウクライナへの連帯を共有

  13. 訃報 〓 グレアム・ヴィック, イギリスの演出家

  14. 訃報 〓 オシアン・グウィン・エリス, 英国のハーピスト

  15. 訃報 〓 ブラムウェル・トーヴィー, 英国の指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。