パリ発 〓 「ロン=ティボー国際コンクール」ヴァイオリン部門でウクライナのボーダン・ルッツが優勝、日本の竹内鴻史郎が3位に

2023/11/28

若手演奏家の登竜門として知られるフランスの「ロン=ティボー国際コンクール」のヴァイオリン部門の決勝が26日にパリで行われ、ウクライナ出身のボーダン・ルッツ(Bohdan Luts)が優勝した。2位は韓国のダヨーン・ユー(Dayoon You)、3位に竹内鴻史郎(Takeuchi Koshiro)が入賞した。また、5位に橘和美優(Kitsuwa Miyu)が入賞した。

ルッツは2004年、リヴィウ生まれの18歳。キエフ、リヴィウ国立音楽院で学んだ後、スイスのメニューイン国際音楽アカデミー在学中。2017年にベルギーの「アルトゥール・グリュミオー国際ヴァイオリン・コンクール」で第3位など受賞歴多数。 2022年にはデンマークの「カール・ニールセン国際音楽コンクール」で第1位を獲得している。

今年のコンクールには世界32カ国から106人が参加。審査員には日本から諏訪内晶子が加わっている。竹内は東京都世田谷区出身で東京音楽大学付属高校3年の18歳。また、橘和は横浜市出身で、こちらも東京音楽大学の大学院1年の22歳。本選で竹内はブラームス、橘和はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲をオーケストラと共演した。

コンクールは1943年、ヴァイオリン奏者のジャック・ティボーとピアニストのマルグリット・ロンによって創設された。2011年に声楽部門が新設され、レジーヌ・クレスパン(Régine Crespin)の名前が加えられて「ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」に名称が変更されたが、現在は声楽部門は開催されておらず、名称は「ロン=ティボー国際コンクール」に戻っている。

写真:Concours Long Thibaud


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 今年のサマー・ナイト・コンサートは6月18日と発表、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

  2. マールボロ発 〓 マールボロ音楽祭が開催を断念

  3. ドレスデン発 〓 ドレスデン・シュターツカペレが次期首席指揮者にダニエレ・ガッティを選択

  4. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  5. チェルトナム発 〓 今年のフェスティバルの開催中止を発表

  6. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン響の次期音楽監督にジョセフ・バスティアン

  7. ニュルンベルク発 〓 ニュルンベルク響の次期首席指揮者にジョナサン・ダーリントン

  8. 香港発 〓 指揮者のズヴェーデンが香港フィルとの契約を延長

  9. ロンドン発 〓 英国が興業チケットの付加価値税を20%から5%に引き下げ

  10. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇院が新制作の《トゥーランドット》を無料ストリーミング

  11. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルが新シーズンの開幕コンサート

  12. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が13日、ドイツの歌劇場のトップを切って再開場

  13. ワルシャワ発 〓 第18回ショパン国際ピアノ・コンクールは来年開催へ

  14. ボストン発 〓 ネルソンズがボストン響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との契約を延長

  15. トゥールーズ発 〓 キャピトル国立管が音楽監督を辞任したトゥガン・ソヒエフに「名誉指揮者」の称号

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。