パリ発 〓 「ロン=ティボー国際コンクール」ヴァイオリン部門でウクライナのボーダン・ルッツが優勝、日本の竹内鴻史郎が3位に

2023/11/28

若手演奏家の登竜門として知られるフランスの「ロン=ティボー国際コンクール」のヴァイオリン部門の決勝が26日にパリで行われ、ウクライナ出身のボーダン・ルッツ(Bohdan Luts)が優勝した。2位は韓国のダヨーン・ユー(Dayoon You)、3位に竹内鴻史郎(Takeuchi Koshiro)が入賞した。また、5位に橘和美優(Kitsuwa Miyu)が入賞した。

ルッツは2004年、リヴィウ生まれの18歳。キエフ、リヴィウ国立音楽院で学んだ後、スイスのメニューイン国際音楽アカデミー在学中。2017年にベルギーの「アルトゥール・グリュミオー国際ヴァイオリン・コンクール」で第3位など受賞歴多数。 2022年にはデンマークの「カール・ニールセン国際音楽コンクール」で第1位を獲得している。

今年のコンクールには世界32カ国から106人が参加。審査員には日本から諏訪内晶子が加わっている。竹内は東京都世田谷区出身で東京音楽大学付属高校3年の18歳。また、橘和は横浜市出身で、こちらも東京音楽大学の大学院1年の22歳。本選で竹内はブラームス、橘和はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲をオーケストラと共演した。

コンクールは1943年、ヴァイオリン奏者のジャック・ティボーとピアニストのマルグリット・ロンによって創設された。2011年に声楽部門が新設され、レジーヌ・クレスパン(Régine Crespin)の名前が加えられて「ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」に名称が変更されたが、現在は声楽部門は開催されておらず、名称は「ロン=ティボー国際コンクール」に戻っている。

写真:Concours Long Thibaud


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 フェリックス・ミルデンベルガーが「ドナテッラ・フリック指揮者コンクール」で優勝

  2. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの楽団員が基本給の25%カットに同意

  4. バンベルク発 〓 バンベルク響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、6月に日本ツアーも

  5. ロサンゼルス発 〓 Netflixがバーンスタインを描いた映画『Bernstein』の製作に参加

  6. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ響との契約を延長

  7. 東京発 〓 シュターツカペレ・ベルリンの日本ツアーで指揮者交代、バレンボイムの代役にティーレマン

  8. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールがハレルを偲ぶオンライン演奏会

  9. パリ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチにフランスの「芸術文化勲章シュヴァリエ」

  10. 訃報 〓 ホセ・アントニオ・アブレウ(79)エル・システマの創設者

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  12. 訃報 〓 ケネス・ギルバート(88)カナダ出身のチェンバロ奏者

  13. 訃報 〓 エツィオ・ボッソ(48)イタリアのピアニスト、作曲家、指揮者

  14. ペルチャッハ発 〓 ブラームス国際コンクールの室内楽部門で、チェロの三井静とピアノの大淵真悠子が組んだ「Duo Minerva」が第2位

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第3週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《パルジファル》も

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。