アムステルダム発 〓 指揮者のエド・デ・ワールトが引退を発表

2024/04/10

オランダの指揮者エド・デ・ワールト(Edo de Waart)が引退を発表した。デ・ワールトは現在、82歳。オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団の名誉指揮者だが、直近2回のコンサートをキャンセルしている。

デ・ワールトはアムステルダムのスウェーリンク音楽院でオーボエとピアノを学び、アムステルダムのコンセルトヘボウ管弦楽団に次席オーボエ奏者として入団した。1964年、米国の「ディミトリー・ミトロプーロス指揮コンクール」で優勝。副賞として、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団でレナード・バーンスタインの助手を1年間経験する。

帰国後、ベルナルト・ハイティンクの下、コンセルトヘボウ管の指揮者助手に任命され、1967年にはオランダ管楽合奏団とロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者に任命され、1973年から1985年までロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めた。コンセルトヘボウ管弦楽団率いる若きハイティンクに続く、オランダ指揮者界のホープとして期待を集め、名門レーベル「フィリップス」を中心に多数の録音を残している。

その後、サンフランシスコ交響楽団(1977ー1985)、ミネソタ管弦楽団(1986ー1995)の音楽監督、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団(1989ー2004)の首席指揮者、シドニー交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問(1995ー2004)を歴任、屈指のオーケストラ・ビルダーとしてその名が知られた。

1999年からはオランダ国立オペラの首席指揮者も務めたが、早々に2004年に退任。音楽の仕上がりに妥協を許さず、演出家の専横にも物言う気難しい指揮者ながらその後も引っ張りだこ。香港フィルハーモニー管弦楽団音楽監督(2004ー2012)、ミルウォーキー交響楽団の音楽監督(2009ー2017)、ロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者(2011ー2016)、ニュージーランド交響楽団の音楽監督(2016ー2019)を務め、2015年からはサンディエゴ交響楽団の第一指揮者を務めていた。

写真:Jesse Willems


関連記事

  1. オスロ発 〓 音楽監督のクラウス・マケラがチェロ奏者としてオーケストラと共演

  2. ウィーン発 〓 コンツェルトハウスがクルレンツィス&ムジカエテルナのコンサートをキャンセル、ウクライナ大使の要請受け

  3. 訃報 〓 ジョナサン・ミラー(85)英国の演出家

  4. レーゲンスブルク発 〓 台湾出身のチンジャオ・リンがレーゲンスブルク歌劇場の音楽総監督に

  5. ロンドン発 〓 ロンドン響が2024/2025シーズンを発表、アントニオ・パッパーノ体制がスタート

  6. ミュンヘン発 〓 クリスティアン・ティーレマンがバイエルン放送交響楽団にデビュー

  7. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが新シーズンの公演ラインナップを発表、音楽監督パッパーノは最後のシーズンで新制作の《ニーベルングの指環》を指揮

  8. ルツェルン発 〓 延期されていたアンドラーシュ・シフのコンサートの中止決定、新型コロナウイルスの感染拡大止まず

  9. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  10. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルもゲルギエフとの「関係を終了」と発表

  11. ブリュッセル発 〓 モネ劇場の新しい《ニーベルングの指環》全4部作上演で演出家が交代、ロメオ・カステルッチからピエール・アウディへ

  12. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ローマ発 〓 イタリアの劇場は8日まで閉鎖、新型コロナウイルスの感染拡大で

  14. グラフェネック発 〓 小澤征爾がオーストリア音楽劇場賞の特別賞「国際文化貢献賞」を受賞

  15. 東京発 〓 東京二期会が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。