ロンドン発 〓 サントリーホールの30周年記念委嘱作品に音楽賞

2018/05/15

英国のロイヤル・フィルハーモニック協会(The Royal Philharmonic Society)が9日、2018年の音楽賞の受賞者を発表した。ロイヤル・フィルハーモニック協会は1813年、オーケストラなど器楽のコンサートを催すため、ロンドンに設立された由緒ある団体。協会からの委嘱を受けて作曲された作品には、ベートーヴェンの交響曲第9番などがある。音楽賞が創設されたのは1989年。音楽家の卓越した業績を称えるのが目的で、受賞者の国籍に制限はないが、審査対象は英国内での活動。13部門に分かれており、サントリーホールの30周年記念委嘱作品だったマーク=アンソニー・ターネジ(1960 – )作曲の「Hibiki」が「長編作曲賞」を受賞した。「Hibiki」は2016年11月12日、大野和士指揮の東京都交響楽団などによりサントリーホールで世界初演された。主要な受賞者は以下の通り。

室内楽 &歌唱:Schumann Street

コンサートシリーズ & 音楽祭:ロンドン交響楽団《This is Rattle》

指揮者;ウラディーミル・ユロフスキー

アンサンブル:The Sixteen

器楽奏者:イゴール・レヴィット(ピアノ)

オペラ:ジョン・エリオット・ガーディナー《モンテヴェルディ生誕450年記念アルバム》

歌手:アラン・クレイトン(テノール)

ヤング・アーティスト:ショーン・シベ(ギター)

ゴールド・メダル:ジェシー・ノーマン(ソプラノ)

大編成作曲賞:マーク=アンソニー・ターネジ《Hibiki》

小編成作曲賞:ジェイムズ・ディロン《Tanz/haus Triptych 2017》

写真:The Royal Philharmonic Society

関連記事

  1. ナポリ発 〓 ムーティが34年ぶりにサン・カルロ劇場で指揮

  2. ウィーン発 〓 ルネ・パーペにオーストリア宮廷歌手の称号

  3. ベルリン発 〓 ドイツ・グラモフォンが120周年記念コンサートをライブ配信

  4. 大阪発 〓 大阪フィルを指揮して、デュトワが日本の音楽シーンに復帰

  5. モスクワ発 〓 チャイコフスキー国際コンクールの「金管楽器部門」の審査員発表

  6. ウィーン発 〓 ベルナルト・ハイティンクがウィーン・フィルの名誉会員に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。