アムステルダム発 〓 ガッティがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と和解

2019/04/26

セクシャル・ハラスメント疑惑が浮上して、首席指揮者を解任されたダニエレ・ガッティ(Daniele Gatti)がロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と和解した。オーケストラが発表した声明は、疑惑が事実かどうかについては明確にしていないが、「解任」という事実関係については、双方がその取り消しには応じないことを確認。双方とも今後、この問題について声明は一切出さないことが確認されたという。また、首席指揮者としての過去の貢献に対する感謝の印として、ガッティ指揮のリヒャルト・シュトラウスの《サロメ》、マーラーの交響曲第1番、ブルックナーの交響曲第9番の、3つの録音がリリースされることも明らかにされた。

写真:Digital Concert Hall


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 ミュンヘンに新ホール、バイエルン放送交響楽団の本拠地に

  2. ミラノ発 〓 スカラ座総裁にウィーン国立歌劇場総裁のドミニク・マイヤー

  3. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場管のコンサートマスターにフョードル・ルディン

  4. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団がセクハラ疑惑を報じられた首席指揮者のダニエル・ガッティを解任

  5. ウィーン発 〓 イシュトヴァーン・ヴァルダイがハインリヒ・シフの後任に

  6. ベルリン発 〓 アルテミス・カルテットの新メンバー決定

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。